閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

バックパックの分類(容量)

容量の大きさ

その山行の全てを詰め込み、その重要な相棒となるバックパック。自身の体の一部となって、長時間行動を共にするだけあり、適した大きさ・体へのフィット感・有効な使い方など、留意すべき点が満載だ。日帰りハイクからテントを背負った縦走、はたまたベースキャンプ設営まで、バックパックの大きさは、運ぶ荷物の量次第である。が故に、自分や山行の使い道に合ったものを選ばなければならないのだ。バックパックの大きさは「容量」、具体的には「ℓ(リットル)」で表される。10cm×10cm×10cmの立方体が1ℓだから、それを基準にイメージしていくといい。一番小さいものだとわずか5ℓ程度で、大きなものでは120ℓを超えるものなど、ひと口にバックパックといっても、大きさ・容量には相当な幅地がある。また同じ容量でも、メーカーによってかなりの差があると言っていい為、実際の大きさはネットだけではなく、店頭でも確かめた方が無難だ。

店頭でもチェックしよう

宿泊するか? 山小屋泊?テント泊?

バックパックに収める荷物は、宿泊するのかしないのか、宿泊するなら山小屋なのかテント泊なのかで、大きく異なってくる。日帰り登山であれば、ディパックと言われるサイズでも十分かと思うが、汎用性を考えると、2泊程度の登山にも耐えられるサイズを購入するといい。いわゆる中型バックパックは出番が多く、30〜50ℓくらいのモデルは、日帰り登山からテント泊まで使用できる汎用性の高いレンジである。つまりは、スリーピングバッグ(シュラフ・寝袋)や1人用テントが入るサイズだ。バックパックについては、大きければ大きいほどキャパシティが広がる為、融通が効くが、反面不用に大きいと無駄に重さが増してしまう。2泊程度に耐えられ、必要最小限となると、40ℓくらいが妥当であろう…。30ℓとなるとスリーピングバッグは入るが、テントは入らないと思った方がいい。40ℓ前後は山小屋泊まりに使いやすいサイズで、それ故に需要が高く、ユーザーからのリクエストも多い。結果として、軽く、涼しくと快適性を高め、「プラスα」の便利な機能が充実しているサイズと言っていい。更には、当然ながら季節によっても荷物の量は異なるし、冬山・雪山に踏み入ることまで考えると、防寒着の為にカサ増しし、保温ボトルやサングラスといった、様々な小物もプラスされる。一方、不必要な道具を徹底的に持たず、コンパクトな登山用品を選択すれば、不必要に大きなバックパックにすることもない。自分の好きな登山スタイルに合わせて適切な容量を選べばいいのだ。その山行や目的に応じて、いくつかのバックアップを容量違いで揃えることをオススメする。

宿泊するなら40ℓ〜のバックパックで!

小さめのバックパックは、腰ではなく肩・背中への荷重が主になるので、ヒップベルトに薄く柔らかな素材を使ったものもある。腰に荷重を載せるガッチリタイプよりも動きやすく、装着感も軽やか…。こういった個々のパーツの機能と役割も吟味して選びたい。日帰り登山の場合、シングルバーナー(ストープ)とクッカー(コッヘル)、防寒ウェアを持っても、30ℓ台前半のサイズで必要十分だ。一眼レフのレンズを複数持つ、凝った料理を作るなど、趣味の部分に重きを置く場合でも、40ℓ程度あれば、良いだろう。山小屋泊まりの場合も30〜40ℓくらいのサイズが最適だ。何泊するか、どれくらい着替えるか、自炊するか、で大きくサイズは変わってくる。雪山のシェル、アイゼンなどが加わる場合は、40ℓオーバーの方が、パッキングが楽かもしれない。是非参考にしてほしい。

汎用性の高い容量は40ℓ

山岳装備が軽量・コンパクトになった恩恵で、テント泊に40ℓ台のバックパックを使う人も珍しくなくなった。私もテント泊でも40ℓサイズを推奨する一人である。食料、スリーピングバッグ(シュラフ・寝袋)、防寒具などのボリュームを吟味して、パッキングするのも楽しみのうち…。サイズが小さいからといって、防寒具や食料を無理に減らすのだけは、危険なので、絶対に避けた方がいい。要は、いくつかのサイズを使い分けるのが、ベストな選択だ…。ただし、複数のバックパックを買うには費用がかかる。その費用を極力抑えたいならば、余裕のある大きめのサイズを選んでおきたいところだ。コンプレッションベルトで引き締めれば、バックパックは薄く細くなり、ある程度は大が小を兼ねてくれる。小型でもマットやテントなどを外付けし乗り切るという方法もあるが、私個人的にはオススメしない。木の枝や岩に引っかかりやすくなり、登山事故の要因になってしまうからだ。ハーネスの構造も小型のバックパックだと華奢になる為、重い荷物だと体への負担も増えていく。そう考えると、結果的には、余裕のある大きめのサイズを選んでおくと、無難ということになるのだ…。踏まえて、容量で分類すると、以下のいくつかに分類することができる。

モンベル リッジライン パック40
40リットルは汎用性の高いサイズ

10ℓ〜20ℓ

いわゆるディパックのサイズ。ショルダーハーネスは薄く、ウエストハーネスに至っては無いものも多い。日帰りの山歩き用であり、荷物量は多くある必要はないので、必要十分だ。このサイズだと、レインウェア、ウォーターボトル、行動食、ヘッドライトなど日帰り登山でも最低限必要な装備が入るのが限界で、軽量なものを選ぶのが良い。

・ 日帰り登山向け
・ 必要十分な簡素な作り
・ カラー豊富で、街でも使える

グレゴリー イナーティア20

20ℓ〜35ℓ

荷物が少ない暖かい時期の1〜2泊の山小屋参考にオススメ。更に言うと、日帰りなら20ℓクラス、30ℓもあれば小屋泊まりの荷物は持ち運べる。使い勝手が良く、売れ行きも良い容量ということもあり、モデルのバリエーションは豊富だ。軽量化も進んでいるサイズ。着替えや食料など最低限必要なアイテムが増え、重量が増えるので、体に合ったモノを選ぶのが良い。

・ 夏山の小屋泊まり向け
・ 種類が多く、選びやすい
・ 使いやすいディティール

ブラックダイヤモンド スピードジップ24

35ℓ〜50ℓ

防寒着など荷物が増える春先や秋は、小屋に泊まる予定でも、この程度の容量があると安心。10〜15kg程度の荷物を負荷無く背負え、適切に荷物を減らしていけば、テント泊にも対応できる容量。こちらも、着替えや食料など最低限必要なアイテムが増え、更にテント・スリーピングバッグ(シュラフ・寝袋)が加わ理、重量が増えるので、より体に合ったモノを選ぶのが良い。40ℓクラスは最もニーズが多く、工夫を凝らした各社の力作が揃う。レインカバー付属やはいめんの高通気モデルなど、快適装備も充実だ。

・ 寒い時期の小屋泊まりに
・ 強度も十分配慮
・ テント泊まで可能で、適用範囲が広い

ブラックダイヤモンド スピード50

50ℓ〜80ℓ

数泊のテント泊となると、極端に荷物が増える場合には、このサイズをオススメしたい。20kg以上の荷物も運べるように、本体の生地やフレームは丈夫になっており、ハーネスはフィット感を重要視している。当然ながら装備が増えてくるので、荷重をしっかり分散してくれるモデルを選ぶ。体型に合わないモノだと疲労度合いが激しくなるので、要注意だ。

・ 数泊のテント泊にも十分
・ 頑丈で破損しにくい
・ 背面やハーネスに様々な工夫

エクスペド エクスプローラー60

100ℓ〜

一般的にはあまり使う機会はないが、長期遠征で大量の登山用具や食料を運ぶときに活躍するサイズ。無駄を省いた構造で、バックパック自体を軽量化し、総重量をできる限り軽量化している。

・ 大量の装備でベースキャンプ作りに
・ ロングトレイルへも補給無しで挑戦可能
・ 軽量化を意図したシンプルなデザイン

カリマー スペシャルフォース Sabre 60-100

関連記事

  1. バックパックの機能(トップリッド)

  2. バックパックの機能(基本構造・各パーツ名称)

  3. バックパックの機能(表面素材)

  4. バックパックの使い方(パッキング)

  5. バックパックの機能(ハーネス)

  6. バックパックの選び方(サイズ)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る