閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

バックパックの分類(色)

バックパックの色

バックパック選びにおいて、デザインや色はもはや好みの問題ではあるが、色については、シンプルに目立つ色を選ぶ方が良い。万が一遭難等事故に遭った際に、パーティや捜索救助隊が見つけやすいからだ。街中ではオシャレなアースカラーなどは、この観点から言うと、御法度なのだ…。ちなみに、山の中では、木の緑色、岩や地面のベージュ色(黄土色)が目に映るほとんどの色となるが、色彩の補色関係を参考にすると、緑の補色が「赤」、黄橙の補色が「青」であり、山の中では、赤・青が目立つというわけだ。

色彩の補色関係

赤色のバックパック

上記の補色関係を考えると、木々の緑の中で目立つ色。だからだろうか、各メーカーからもよく赤色のバックパックが開発されている。雪山の白にも映え、目立つという観点からは、オススメな色である。一方で、岩肌や地面の茶色とは類似する色となる為、気をつけたい…

ミレー ウビック40

青色のバックパック

同様に、岩肌や地面の茶色の補色関係にあるのが青色だ。岩肌上では一番目立つのは鮮やかな青色系だろう。赤色系だと岩肌や地面では同化してしまい、目立たないのだ…。一方で、裏返しにもなるのだが、木々の緑色の中では、そこまで目立たない為、気をつけたい…

ドイター トレイル30

その他の色のバックパック

その他の色はどうだろうか…。青色系や赤色系が売れ筋なのは、変わらないが、各メーカーより多種多様なカラーが出ているので、色々調べてみるといい。赤色や青色が目立つという意味では、最適な選択だとは思うが、そこはやはり好みがあるというもの、究極的には自分が気になるカラーを選ぶのが、バックパックに愛着が持てるという一番大切な視点なのだ。

ミレー サースフェー30+5

レインカバーで代用する

奥の手でもあるが、遭難等、最悪のケースで、捜索隊に見つかるように目立つだけなら、ザックカバー(バックパック用レインカバー)を赤色か青色にするだけでも、必要十分だ。赤色のバックパックに青色のレインカバー、青色のバックパックに赤色のレインカバーならば、もはや万全と言ってもいいだろう。

ミレー クーラ40

関連記事

  1. バックパックの分類(背面パッド)

  2. バックパックの選び方(サイズ)

  3. バックパックの使い方(防水)

  4. バックパックの機能(気室)

  5. バックパックの機能(表面素材)

  6. バックパックの分類(容量)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る