閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

バックパックの分類(登山スタイル)

登山のスタイルに合わせて選ぶ

登山には色々な形態が有り、それに合わせて機能を特化させたモデルも少なくない。汎用性はなくなるが、ある特定の状況では快適に扱える。例えば、一般的になりつつあるウルトラライトは、アメリカのロングトレイルで生まれたスタイルで、装備を軽くして体の負担を減らし、長距離を楽に歩こうという考え方だ。荷物が軽ければ複雑な背面システムは不要となり、よりシンプルな「ただの袋」で事足りる。トレイルランニングから派生したファストパッキングは、軽さとフィット感に優れたモデル。荷物を濡らしたくないなら防水バッグ。幼児を連れて山を歩けるモデルもある。

ウルトラライト
水や燃料などの消耗品を除く装備の重量が4.5kg以下というのが「ウルトラライト」のひとつの目安。この重さなら、複雑な背面は不要で、俗にUL系と呼ばれるモデルはいずれもシンプルだ。

ファウデ ゼーラム38ライトウェイト

ファストパッキング
トレイルランニングと登山を融合させたのが、ファストパッキング。登山道を走ることもあり、軽さとフィット感が重視されている。バックパック型や、収納力を高めたベストタイプもある。

ウルトラスパイア エピック

防水バッグ
ロールトップ式の、いわゆるドライバッグ。装備を濡らしたくない時は、とにかく頼りになる。他にも、防水ではないが保水しない素材を使い、底に水抜きの穴を備えた沢登り用のモデルも売られている。

シールライン バウンダリーパック35

親子登山
子どもを背負って山に登るのは簡単ではないが、それができる幸福な時間はごくわずか…。キッズキャリーが、親子登山をそれを現実のものにしてくれる。子供用シートには、ずり落ちるのを防ぐハーネスが付く。

オスプレー ポコAGプラス

関連記事

  1. バックパックの分類(容量)

  2. バックパックの機能(ハイドレーション)

  3. バックパックの機能(表面素材)

  4. バックパックの機能(基本構造・各パーツ名称)

  5. バックパックの選び方(サイズ)

  6. バックパックの使い方(防水)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る