閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

バックパックの使い方(まとめ)

快適に使うパッキング術

自分の体に適したバックパックが手に入っても、それだけでは物足りない…。もっと使い勝手を良くする為に、いくつかのポイントをおさらいしよう。テントや食料、満タンのガスカートリッジといった重い荷物は、バックパック内の背中近くに、しかも上部にというのが、まず定石…。着替えや寝袋などの嵩張っても軽いものは、バックパック下部や背中から遠い外側に。その上で、重さが左右均等になるように配置し、バックパックの重心が体幹の腰上にくるように位置させる。これが荷物を軽く感じさせる、セオリー通りのパッキング術だ。

一般的なパッキングのセオリー

バックパックに合ったパッキングを!

実際は、そう簡単に理想的なパッキングはしにくい。雨が降っていれば、テントは最後にバックパックに入れることになり、寒ければ行動前に脱いだ防寒具も上部に位置することになる。セオリーに囚われ過ぎると、荷物が上手く圧縮できず、無駄に大きめのバックパックが必要になり、パッキングにかかる時間も不必要に増えることになる。大昔の「キスリング」と呼ばれたバックパックの原始的なモデルならばいざ知らず、現代のバックパックはハーネスや背面パッドが進化し、パッキングが多少雑であっても、体への負担はさほど変わらない。セオリーは頭の中に入れつつも、コンパクトなパッキングを重要視し、小さめのバックパックに隙間なく荷物を押し込むと重心がブレずに、行動が楽になる。最終的には山行を重ねるうちに、独自の新しいセオリーが見つかってくるはずだ。自身のバックパックごとに収納も異なる為、自分なりのパッキングスタイルを見つけることをオススメしたい。

バックパックに応じたパッキングの一例

関連記事

  1. バックパックの機能(気室)

  2. バックパックの分類(登山スタイル)

  3. バックパックの機能(ハイドレーションシステム)

  4. バックパックの使い方(防水)

  5. バックパックの使い方(外付け)

  6. バックパックの機能(基本構造・各パーツ名称)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る