閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

テントの分類(まとめ)

テントの分類

山での「生活」を可能にする道具、それがテントだ。軽量性・居住性・強靭さ。山の我が家に求められるのは、多様な機能である。風雨が吹き荒れるタフな環境こそテントの実力が試される。現代のテントは、大きく4つのタイプに分類される。それぞれに得意なシチュエーションがある一方、重さや居住性の面で、長所・短所もある。テントを分類する前に、まずは基本的な構造を把握しよう。主要パーツは「インナーテント」「フライシート」「ポール」「ペグ」の4つである。これらのパーツがどのように組み合わさり、どのような姿となって地面に張られるかで、テントの分類はなされていく。キーとなるのは「自立式」か「非自立式」か、「シングルウォール」か「ダブルウォール」か、という2つの要素である。

MSR エリクサー2

「自立式」とは、インナーテントにポールを組み合わせただけで、地面の上で立体になるモノ。対して「非自立式」はインナーテントとポールだけでは潰れた状態のままであり、ペグを打ち込んでテンションをかけないと立体化しない構造だ。また、インナーテントのみでフライシートを省いて使えるタイプはテント内ぶと外部を隔てる布地の「壁」が1枚のみになる。これを「シングルウォール」テントと呼ぶ。それに対し、フライシートを使うテントはその壁が2重となる為に、「ダブルウォール」テントと称される訳である。厳冬期はさらに保温の為に「外張り」や「内張り」を使用することもあるが、これはあくまでも特集状況でのオプションだ。現在販売されているテントは「ダブルウォール×自立式」「ダブルウォール×非自立式」「シングルウォール×自立式」「シングルウォール×非自立式」の4タイプにほぼ別れる。それぞれ特徴があり、状況によって適したタイプは異なる。しかし設営が簡単で誰でも扱いやすいのは「ダブルウォール×自立式」テントであろう。種類も豊富に揃っているのがこのタイプだ。

ダブルウォール×自立式

数本のポールがテントの表面で交差する「ドーム型」。ポールの両端をインナーテントに固定していくのみで立体化、つまりは自立する。どんな地面でも立ち上がるので場所を選ばず、テントの未経験者でも立てやすい。インナーテントには通気性の良い布地を使ってあるが、生地自体に防水性はない為、防水性のフライシートであめを防ぐ構造だ。インナーテントとフライシートの間は「前室」と呼ばれるスペース隣、ブーツや食器を置く場所になる。

・ どんな場所でも居住空間を確保
・ インナーテントが雨に濡れにくい
・ シングルウォールよりは重くなる

MSR フリーライト1

ダブルウォール×非自立式

インナーテントの表面でポールが交差せず、平行に取り付ける「トンネル型」。ペグで固定することによって、立体化する。一般的にドーム型よりもポールの総延長が短くなる為、テントの軽量化に繋がり、サイドの壁が垂直気味に立ち上がることで内部も広く感じる。また、ポールが交差しないのでテントがたわんで風を受け流しやすく、暴風にも強い。だが、地面が石や岩で覆われていて完全にペグで固定できないと機能を発揮できず、風に対応しきれない。

・ 軽量で内部も広く、居住性が良い
・ ペグがしっかり効けば、風に強い
・ 反面、ペグが打てないと風に脆い

コールマン エクスカーションティピ210

シングルウォール×自立式

テントに糖質防水性素材を使用していて、フライシートを必要としない。透湿防水性の生地は厚みがあって若干重いが、それでもインナーテント+フライシートの組み合わせよりは軽くなる利点がある。反面、雨よけのフライシートがない為に、降雨時は入り口からテント内部に水が入り込むという欠点も生じる。雨が降りやすい春から秋には使いにくいが、荷物が多くなりがちで少しでも重量を減らしたい冬には重宝される。その為に、雪山ではメジャーな存在となっている。

・ 軽量性と立てやすさを両立
・ 防水性だが、入り口から雨が入ることも
・ 雪が積もった冬山で活躍

ブラックダイヤモンド ファーストライト

シングルウォール×非自立式

これら4種類の中で、最も軽量化が可能なタイプ。テントの生地を部分的に延長することで、シングルウォールながら前室的スペースを持つモデルも多い。風への強さはトンネル型ならではで、地面が雪で覆われている時期は、確実にペグやスノーアンカーで固定できるので、「シングルウォール×自立式」テントとともに雪山で活躍する。同じシングルウォールでも、立てやすい自立式テントと軽量な非自立式テントのどちらを選ぶかは、好みが別れるところだ。

・ フライなし、ポールの短さで最軽量
・ シングルだが、前室を持つタイプも
・ ペグ打ちが必要で、地面を選ぶ

ハロープリティ ティピーテント

基本からの派生モデル

上記で紹介した4つのタイプはディテールを変えてたような形に派生している。中にはエクスペディション用のようにあまり使う機会が訪れそうもないモノもあるが、フルメッシュタイプは高温多湿な日本の夏にはピッタリで、多くの製品が販売されている。

フルメッシュ
インナーテントの側面をメッシュに仕立て、風の抜けを重視したタイプ。暑い夏には主流とも言える存在で、蒸し暑さが減少する。

モンベル クロノスドーム1型

4シーズン(冬季用)
一般テントは3シーズン(春・夏・秋)用だが、特に雪の吹き込みや保温性を考えたモノは冬を加えた4シーズン用と呼ばれる。

ブラックダイヤモンド エルドラド

エアフレーム(エアビーム)
ポールを使わず、テントに付けられたチューブに大量の空気を入れることで立体化するタイプ。最近になって登場した新顔だ。

ヘイムプラネット フェストラル エアフレーム

エクスペディション
遠征時のベースキャンプなどで使われる巨大タイプ。10人以上の寝泊まりだけではなく、食堂や倉庫としての利用も多い。

ヒルバーグ アルタイXPコンプリートGN

1ポールテント
中央に1本のポールを垂直に立て、周囲をペグで打つことにより、立体化するタイプ。内部にインナーテントも組み合わせることもできる。

キャプテンスタッグ オクタゴン ティピー型

非ドーム型の軽量テント

定番のクロスドーム型に対し、新勢力とも言えるのが、軽さを謳った非ドーム型のテントである。ダブルウォール構造を持ちながら、1kg台前半や1kgを切るモデルが登場し始めている。重量と居住性は基本的には相反する要素だが、ポールや生地を工夫し、その両者を高いレベルで両立させているのにも注目だ。

スノーピーク ヘキサイーズ1

関連記事

  1. テントの選び方(居住性)

  2. テントの使い方(ベンチレーター)

  3. テントの選び方(出入り口)

  4. テントの使い方(メンテナンス)

  5. テントの使い方(ペグ)

  6. テントの機能(張り綱)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る