閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. ウォーターボトルの分類(フィルム状水筒)
  2. ウォーターボトルの分類(ウォーターボトル)
  3. ウォーターボトルの分類(まとめ)
  4. マルチツールの使い方(メンテナンス)
  5. マルチツールの使い方(収納方法)
  6. マルチツールの使い方(プライヤー・ハサミ)
  7. マルチツールの使い方(まとめ)
  8. マルチツールの選び方(柄の長さ)
  9. マルチツールの選び方(素材)
  10. マルチツールの選び方(重さ・大きさ・機能)
閉じる

山道具の選び方

テントの機能(換気)

換気性の向上

狭いテント内には、湿気と熱気がこもるが、ベンチレーターが付いていると涼しい風が吹き込み、快適度が増す。山岳テントでよく見られるトンネル風の吹き流し型は簡素だが、上部にこもる熱気を排出し、雨が降った時にはすぐに閉められる。ただし、いつの間にか形が潰れて効力を発揮しないこともある。生地に隙間を空けるタイプのベンチレーターには、つっかえ棒のようなバーが付いていて、その点の心配がない。

ヘリテイジ クロスオーバードーム2

出入り口のメッシュパネルとファスナー

高温多湿になる日本の夏では、テントの通気性は重要事項。開けっ放しでは蚊に刺されるので、入り口がメッシュパネルになるモノがいい。その入り口のファスナーはどれも大きく開くが、モデルによって、全てを開けた時に出入り口のパネルがテントの下部に残るか、横に残るかの違いがある。下に残るタイプは土に触れて汚れやすいが開けやすく、横に残るタイプは垂れ下がって邪魔だが汚れにくい。またメッシュとの二重構造ならば、暑い時はメッシュのみで、雨の時は全て閉めて、と使い分けが可能に。出入り口が一箇所だと換気性は弱いが、二箇所以上、しかもメッシュ素材ならば、通気性は良すぎるくらいだ。

ザ・ノース・フェイス Homestead Roomy2

関連記事

  1. テントの選び方(3シーズン用・4シーズン用)

  2. テントの使い方(ベンチレーター)

  3. テントの機能(張り綱)

  4. テントの使い方(まとめ)

  5. テントの使い方(設営手順)

  6. テントの使い方(張り綱の効果的な使い方)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る