閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

テントの機能(主要構造・各パーツ名称)

山の中の自宅となるテントだけに、構造は少々煩雑。しかし、細部の働きを知れば、使い勝手は益々よくなるはずだ。自分の使い方に適したベストなテントを選ぶ為に、その名称や役割を理解しておくといい。

ポールとインナーテントの組み合わせ

インナーテントとポールのコンビには数種類のパターンがあり、メジャーな組み合わせは「スリープ式」と「吊り下げ式」だ。このどちらかを採用したテントが現代の主流となる。袖のような長い筒状の部分にポールを通す「スリープ式」は破損の心配が少なく、フックにかけるだけの「吊り下げ式」はテント設営が楽になるメリットを持つ。また、ポールをインナーテントの内側に入れる「インナーポール型」は雨が降っている時にも内部から組み立てられ、ポンプを利用する「エアビーム型」は金属のポール自体を必要としていない。

ファイントラック カミナドーム2

テントの主要名称とパーツ(吊り下げ式)

テントの主要パーツは「インナーテント」「フライシート」「ポール」「ペグ」の4つである。これらを組み合わせることで、テントは設営されていく。簡単に言えば、「インナーテント」を「ポール」で立ち上がらせ、その表面を雨よけの「フライシート」で覆い、杭となる「ペグ」で固定するという仕組みだ。そしてインナーテントとフライシートの間のスペースは「前室」と呼ばれる。インナーテントに防水性があれば、主要パーツでありながらフライシートは必須のパーツではなくなる。つまり、シングルウォールテントだが、フライシートをかぶせない時点で、すでに「インナーテント」でなはい。少々紛らわしい表現ではあるが、、シングルウォールテントの居住スペースを作っているものは、インナーテントとフライシートが一体となったものだと考えると、理解しやすい。

MSR ハバハバNXホワイト<2人用>

1. インナーテント
テント本体とも呼ぶ。ほとんどのモデルは、ポールでインナーテントを立ち上げ、上からフライシートを被せる、ダブルウォール構造となっている。薄手のナイロン生地が多いが、メッシュ素材やそれら両者のコンビネーションも。インナーにメッシュパネルを多用するテントは通気性に優れ、蒸し暑い夏も快適だ。開放的で圧迫感が少ないのもポイントで、軽さを追求したモデルではメッシュを巧みに使い、閉塞感を緩和している。フライシートのあるモデルは透湿性と軽さを、フライシートのないモデルは防水性を重視している。

2. ポール
軽くて丈夫なジュラルミンなどの金属が主流。最近はカーボン製で、より軽量化を目指したモノも登場してきた。ハブ部分で数本がひとつながりになったタイプも増えてきている。ポールの取り回しによって居住性や設営のしやすさ、重量などが大きく異なる。

3. フック
インナーテントは、ポールをスリーブに通すタイプとフックで吊り下げて設営するタイプに大別される。フックは、インナーテントの各部に取り付けられており、1つずつポールに引っ掛け、インナーテントを持ち上げて立体化する。スリープ式テントには付いていないパーツだ。スリーブ式のモデルはシンプルで強度が高いの対して、吊り下げ式のモデルは、先にボトムを固定すれば強風時にも素早く設営できるという利点がある。

4. ハブ
ポール同士を結合する基点となる部分。単純な結合の為のモノ、ポール内部のコードとつながってポールと一体化したモノ、テントを吊り下げる働きを持つものと様々なタイプがある。長さが異なるポールを組み合わせると設営は複雑になるが、ハブを用いてそれを回避し、居住性を高めているモデルも最近は多い。

5. グロメット
ポールを端末に差し込む歯止め。この付近には短いロープやテープのループ(ペグループ)が取り付けられ、ペグでテントにテンションをかけて固定する時にボトムを引っ張る役割を果たす。

6. ドアパネル
他の部分は1枚の布でも、出入り口のみはメッシュとの2重構造にして、換気性を向上させたテントも多い。地面からの高さがある程度ないと土や水が入りやすい。

7. ペグループ
グロメットの先に取り付けられたロープやテープ状のループ。ペグでテントにテンションをかけて固定し、テントが強風に飛ばされないようにする。

8. グランドシート(ボトムシート)
ポリウレタンコーティングにより防水性を備え、地面からの湿気を防ぐ。テントのボトムシート(床)は傷みやすく、別売りのグランドシートを地面に敷くと、劣化を防ぎ、防水性が長持ちするなど効果的だ。軽量モデルなどはこの部分も薄い為、特に留意したい。

MSR ハバハバNXホワイト<2人用>

9. フライシート
テントの屋根となる防水性生地であり、ダブルウォールテントの外壁。大半のモデルは、ナイロンにポリウレタンのコーティングを施したものが多い。裏側のコーティング加工で防水機能を持たせているが、その為に結露しやすく、雨漏りしと誤解する人も多い。色使いによって居住性を高めたり、また視認性を良くしたりしている。

10. 前室
土間として使用できるインナーテントとフライシートの間のスペース。フライシートをかぶせることによって出来る入り口前の空間と思えばいい。登山靴や荷物を置いたり、雨の日の調理場にしたりとしたりと、居住性を大きく左右するポイント。広いほど雨の吹き込みを防ぎ、物置や調理場として使いやすいが、風の影響を受けやすいという欠点もある。2箇所に入り口と前室を備えるモデルもある。

11. ベンチレーター
テント内の結露を回避する換気口として湿気と熱気を逃す。フライのみ、テント本体のみ、フライとテント本体の連動と付き方は多種多様だ。一般的なのは、インナーテントとフライシートの同じ位置に設けてテント内に外気を導入する吹き流しタイプが多いが、フライシート の一部を庇状に張り出すタイプもある。

12. 張り綱
ガイラインとも呼ばれる細いロープ。ペグなどでテントを地面い固定する。インナーテントのポールを引っ張るタイプは強度に優れ、フライシートを引っ張るタイプはインナーとの空間を保ち通気を確保するのに優れる。「自在」というパーツで長さを調節し、テントにテンションを加え、地面に固定する。

その他パーツ

ペグ
テントを地面に固定する杭。安価なプラスチック製もあるが、山岳用には丈夫で軽いアルミ製がほとんどだ。軽さを重視したものや立体的な構造で強度が高いものなど、様々なタイプがある。山ではペグが使えない場所や効きにくいことも多い。その場合は、ペグと石を使うなどして工夫する。

スタッフバッグ
テントを入れる袋は、メーカーによって圧縮してギリギリに入れられる大きさから、緩めに収納するモノまで様々…。

ポケット
多くのテントの内部には、小型〜大型のポケットが付属している。小物や失くしやすい物を収納するには便利だ。

ファスナー
フライシートのファスナー部分には、雨避けのフラップが付く。止水ファスナーを採用したテントも現れ、フライの構造と見た目がシンプルになっている。

関連記事

  1. テントの機能(各パーツ素材)

  2. テントの選び方(収容人数)

  3. テントの選び方(3シーズン用・4シーズン用)

  4. テントの使い方(フライシート)

  5. テントの機能(張り綱)

  6. テントの選び方(自立式・非自立式)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る