閉じる
  1. キャンプを快適にする道具たち!
  2. キャンプの光源は様々…⁉︎
  3. 最初に揃えるキャンプ道具のオススメ9選!
  4. テント選びは家選び!
  5. アウトドアでの服装術
  6. 気候やキャンプ地を考慮したウェアの選び方
閉じる
閉じる
  1. ランタンを的確に使いこなす!
  2. キャンプの光源は様々…⁉︎
  3. 暑さ・寒さを凌ぐアイデア!
  4. 雨の中でもキャンプを楽しむ方法!
  5. ペグの種類と正しいペグの打ち方
  6. タープをシワなく美しく張る方法!
  7. テントサイトを作ろう!
  8. テントサイトのレイアウトを考える
  9. フリーサイトのススメ!
  10. キャンプ時のファーストエイド
閉じる

キャンプを始めよう!

車への荷物の積み込みはパズルだ!

何事もコンパクトな時代だからこそ、工夫とアイデアが欠かせない。限られた荷室を最大限に活用する積載術を紹介しよう。シンプルなキャンプならば、小さな車でも掲載可能だ。

積載のコツ

ジャンルを整理してボックス収納する
キッチンツールやコーヒーセットなど、自分なりの道具のジャンルを決めたら、それぞれに纏めておくと使いやすい。忘れ物も少なくなるはずだ。

音がなるものや割れ物はホールドする
運転中に荷室からかちゃかちゃ音がするのはかなり気になるもの。ランタンなど音が鳴ったり衝撃に弱いモノは、間に布などを挟んでしっかりと固定すると良い。

クーラーボックスは手前に置く
買い出し後にすぐに食材や飲料をしまえるように、クーラーボックスは取り出しやすい位置に置くこと。滑りやすいテーブルの上に置けばより使いやすいだろう。

ペグは取り出しやすい位置に置く
設営をする為に使用するペグやハンマーも手前に置いておくと良い。現地に着いてすぐ使うモノほど手前に置いて、逆にスリーピングバッグ(シュラフ・寝袋)やマットなど、寝る前まで使わないモノは奥に収納しておくと良い。

バックミラーの視界を確保する
荷室いっぱいに荷物を積んでしまうと、運転中の後方視界が狭くなってしまう。ある程度積んだら運転席に座り視界を確認することを忘れずに…

段ボールで汚れを防ぐ
荷室に荷物を直接置くと、雨天時などに車自体を汚してしまう。あらかじめレジャーシートや段ボールなどを敷いておくと、車内の掃除も楽チンになるだろう。

車種別の積み込み例

ステーションワゴン
ミニバンに比べて高さがないので、天板や畳んだチェアなどは立てるなどして、省スペースを図る。座席側に不安定なモノを積み、それを抑えるように手前にクーラーボックスなどを並べると崩れにくい。

ミニバン
キャンプといえば大きめの車というイメージがあるが、後方に荷室のあるミニバンならば、小さい車であっても荷物が十分に詰める。荷物を厳選してコンパクトに纏められれば、軽自動車でもキャンプは可能なのだ。

ワンボックスカー
荷室の高さを生かして2段にし、上段に安定する角状のモノを積む。2段にするための台は、ぴったりサイズに自作するのが手っ取り早く、テントサイトでサブテーブルなどに使えると、より効率的だ。

関連記事

  1. キャンプで身につく「生きる力」

  2. 「新しいキャンプ」を始めよう!

  3. キャンプ時のファーストエイド

  4. アウトドアでの服装術

  5. はじめてのキャンプに挑戦!

  6. キャンプを始めるあなたに!

おすすめ記事

  1. キャンプの光源は様々…⁉︎
  2. アウトドアでの服装術
  3. 気候やキャンプ地を考慮したウェアの選び方
  4. 最初に揃えるキャンプ道具のオススメ9選!
  5. キャンプを快適にする道具たち!

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。