閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

アーカイブ:2020年 1月

もはや定番のハイドレーションシステムウォーターボトルや水筒類は、基本的にはシンプルな構造のモノが大半だ。だが、使いやすさを考えて、細かな工夫もプラスされている。いい例が、今や定番となっている飲料水関係のギアの一つが、ハイドレーショ…

保温ボトル保温ボトル形状のウォーターボトルは、ボトルの壁を二重にした上で、その間の空間を真空にしたものが主流だ。熱の伝導率を低くすることで断熱性を上げ、お湯を保温するだけでなく、冷水を保冷する効果もある。保温性の向上の為、使われる…

フィルム状水筒数層にラミネートされたフィルムなどの合成樹脂を使った水筒は、非常に軽量で、水を入れていないときは小さく収納できるなどのメリットがあり、現在では人気のタイプである。私が20年以上前に登山を始めた頃には存在しなかったのだ…

ウォーターボトルアルミや合成樹脂を使って作られたボトルは、昔から定番のウォーターボトルだ。以前は筒型の他に、平形や箱型の形状のものが多く見られたが、現在ではシンプルで耐久性が高く、携行性にも優れた筒型のものが主流になっている。特に…

水分を効率よく運ぶ性能登山中は大量の汗をかき、こまめな水分補給が欠かせない。そこで必要となるのが、ボトルを中心とする飲料水を運ぶための水筒類だ。行動中に破損しない耐久性を持ち、使いやすいモノを選び用意したい。ボトルや水筒類でまず何…

切れ味を上げるシャープナーアウトドアで使うマルチツールのブレードは、使い続けていると切れ味が落ちる。だが、砥石のような効果がある専用のシャープナーが販売されている。鋼を使ったものはもちろん、ステンレスの刃であっても、研ぐことで切れ…

スペースを有効活用する収納方法鍋などのクッカーには、一緒に使うカトラリーやマルチツールを収納すると、使用時に同時に取り出すことが出来て便利だ。だが、細長いカトラリーはサイズが合わず、入りきらないことも多い。こんな場合に、金属製のカ…

プライヤーとハサミの重要性実際に山で使い続けていると、マルチツールの多様な機能の中でもナイフ以上に有用だと感じるのが、プライヤーとハサミだ。プライヤーがあれば道具の修理やメンテナンスが容易で、熱くて手で触れられないモノの処理も楽に…

有効に使える収納場所マルチツールは「マルチ」というだけあり、用途は限りなく、山中での出番は多い。いつ、どんな時に使う機会が訪れるかもわからないので、常に収納する場所を決め、すぐに取り出せるようにしておくと良い。またマルチツールは山…

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る