閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの分類(ガスカートリッジ式)

ガスカートリッジ式バーナーの特徴

ガスといっても気体のままではなく、高圧をかけて液化し、体積を減らして金属のカートリッジに封入されている。このカートリッジにバーナー本体を組み合わせ、空気中で再び気体化したガスに空気を混同して燃やすのが仕組みだ。バーナー本体は小型化を追求したモノが多いが、火力のアップの為に大型のモノも作られている。とはいえ、山岳用として使いやすいのは、あまり重くない中型以下のモノだ。山道具では「大が小を兼ねる」ことが多いが、シングルバーナーやガスカートリッジは、中型くらいが必要十分だろう。

ガスカートリッジ式バーナーの利点は何と言っても操作が簡単なことだ。ガスカートリッジにバーナーヘッドを装着して点火するだけで、着火する。点火時にライターなどが必要なモノもあるが、使い勝手は家庭のガスコンロとほとんど変わらない。パッケージされた燃料を使うのも、安心感があって手軽であり、個人的な見解を述べるならば、他の選択肢(「液体燃料式バーナー」「高効率ガスバーナー 」「アルコールバーナー」)と比較して、総合的にはガスカートリッジ式バーナーが一番の選択肢であろう。火加減の調整幅も広く、とろ火でコトコト煮込むのも得意であり、手のひらサイズの軽量なモノから、火力の大きいモノまで製品のバリエーションも豊富だ。難点はカートリッジが比較的高価なことや、飛行機には載せられないので、現地調達をしいられる点だろうか。沸点の低いプロパンガスを混合した寒冷地用カートリッジも用意されているが、厳冬期の安定性では液体燃料式バーナーに一歩劣るが、雪山でも簡単に食事を作るくらいならば、それでも必要十分だとも言える。

ガスカートリッジ式バーナーの基本構造

ガスカートリッジ式バーナーの基本的な構造と各パーツ名称は下記の通りだ。折り畳むことで拳程度の大きさになる軽量なタイプから、大きな鍋でも安定性高く支えることができるタイプまで、比較的バリエーションも豊富なガスカートリッジ式バーナーだが、基本的な構造は全て同じである。構造的に違いが出るとすれば、バーナーヘッドとガスカートリッジとを直結させるタイプ(「直結型」)と、別々に独立し、フューエルホースでガスを繋ぐタイプ(「分離型」)とがある。安定性に違いがあるという意見もあるが、私見で言うと、どっちもどっちといったところだろう。一般的には「分離型」の方が安定性が高いと言われるが、個人的にはむしろフューエルホースを足などで引っ掛ける可能性を考えると、「直結型」の方が、安全・安心だとも思う。

ガスカートリッジ式シングルバーナー
各パーツ名称

①風防
風の影響で炎が消えたり、火力が下がったりするのを防ぐ風除け。五徳と一体になっているモノも多いが、分離して効率を上げたモノもある。

②五徳(ゴトク)
鍋を乗せる台の部分。大きいほど安定するが、バーナー自体も大きくなるデメリットもあり、工夫を凝らした折りたたみ式を各メーカーが考案している。

③バーナーヘッド
火口。カートリッジから気化したガスを導き、空気と混同させて燃焼させる。どのような炎を作り出すかの違いで、多様な形が開発されている。

④点火装置
指で押すと電気が発生して、ガスに点火。機能上、気圧の低い場所や低温化では点火できないこともあり、ライターも準備しておきたい。

⑤火力調整ダイヤル
火力調整用のつまみはガスカートリッジ式には必ずついている。わずかな調整で大きく火力が変わるモノも、かなり回しても火力が変わりづらいモノもあるので、吟味したい。

⑥ガスカートリッジ
ガスを液体化して封入した金属缶。バーナーとの接点になる口金は、現在のモデルではほとんどネジのように回して結合する方式が主流となっている。

バーナー&クッカーの一体型(高効率ガスバーナー )

ここ数年で人気が高まっているのが、バーナーと鍋を一体化させ、熱効率を飛躍的に向上させたタイプ(高効率ガスバーナー )だ。放熱を抑える独特の構造を持ち、熱効率を大幅に向上させたタイプであり、熱のエネルギーを効果的に鍋に与えるヒートエクスチェンジャーを内蔵することで、従来のバーナーよりも素早くお湯を沸かすことを可能にしている。例えばお湯ならば、少ない燃料で普通のガスカートリッジ式バーナーよりも早く沸かすことができる。実際に使ってみると、お湯が沸くスピードは「もう?」というくらい早い。高効率の秘密はポット(クッカー)の下に装着されたジャバラ状のパーツであり、通常のバーナーでは外側に逃げてしまう熱を吸収し、ポット(クッカー)の底面に集中させているのだ。このパワーを発揮するためには、専用のポットを使用することが前提で、どうしても重量と嵩張りは増してしまう。ただ、燃料の使用量は一般的なガスバーナーの約半分に抑えることができるので、携行するカートリッジの数や重量は軽量化できる。ランニングコストが抑えられるのも嬉しい利点だ。

鍋の中にバーナーを収納できるモデルならば、コンパクトに持ち運べるのも嬉しい。1ℓの鍋の中に、バーナー、ガスカートリッジ、スタビライザーなどを収納でき、使用時にはバーナーと鍋が完全に結合され、その状態のままでお湯をカップに注ぐことも可能だ。

ジェットボイル マイクロモ
クッカーとバーナーが一体化したモデル

また、ガスカートリッジは分離し、風防で覆ったバーナー本体とヒートエクスチェンジャーで鍋へと効率良く熱を伝えるモデルもある。一般的なバーナーよりも2倍近い熱効率を実現している。

プリムス イータパワー・EF
専用の風防で高い燃焼効率を実現したモデル

関連記事

  1. シングルバーナーの機能(点火装置)

  2. シングルバーナーの使い方(風防)

  3. シングルバーナーの機能(熱効率を高める工夫)

  4. シングルバーナーの機能(火力)

  5. シングルバーナーの使い方(山での食事)

  6. シングルバーナーの使い方(カートリッジの冷却防止)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る