閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの機能(熱効率)

ガスカートリッジ式の弱点

ガスカートリッジ式シングルバーナーは、本来扱いにくいガスを頑丈な金属の缶に封入することで、手軽に使えるようにしている。しかし、カートリッジは使用時間が長くなればなるほど、ガスが気化する際に熱を奪うという、いわゆる「気化熱」の効果でカートリッジ自体が冷却される。すると気化の効率が落ち、火力が徐々に下がるという事象が生じる。最大火力の状態が長くは続かないのだ。これがガスカートリッジ式バーナーの唯一の弱点だ。だが、最近ではこの問題をクリアした製品も開発されている。ガスカートリッジ式で最近増えてきているのが、炎を広げずに上一方向に噴出するタイプである。こうすることで弱火であっても熱効率が良い。

液体燃焼式は、火力が安定的…

液体燃料のは自分でボトルへの詰め替えができ、カートリッジ式のように「使い捨て」の感覚ではなく、経済的でもある。また液体を気化させるといっても、ガスとは違って加熱によるものであり、気化熱の冷却作用によって火力が落ちるという問題は生じない。常に安定した火力で調理ができるというのが、液体燃料のの強みだ。最大火力は、外部やボトルの温度にあまり関係なく、常に火力を維持することが可能なのだ。一方で、液体燃料式のバーナーには、火力調整が難しいモノもある。実際には、弱火を使えると調理が便利となる…。

関連記事

  1. シングルバーナーの分類(まとめ)

  2. シングルバーナーの選び方(燃料缶の大きさ・種類)

  3. シングルバーナーの選び方(カセットガス)

  4. シングルバーナーの機能(まとめ)

  5. シングルバーナーの機能(風防)

  6. シングルバーナーの選び方(収納ケース)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る