閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツール の分類(ナイフ)
  2. マルチツールの分類(カトラリー付きタイプ)
  3. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  4. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  5. マルチツールの分類(まとめ)
  6. クッカーの使い方(メンテナンス)
  7. クッカーの使い方(収納)
  8. クッカーの使い方(収納袋)
  9. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  10. クッカーの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの機能(まとめ)

燃料を効率良く熱に変える

シングルバーナーの機能を問われると、まず炎のエネルギーをいかに無駄にせず調理用に使えるかが、バーナーの性能差と言える。加えて、細かな工夫も使い勝手を左右してくる。究極の命題である、「ガスカートリッジ式」と「液体燃料式」では、どちらの方が機能的に優れているのか?という問いに対しては、以前は液体燃料式の方が大火力であるという見解が大勢だったが、今は「ガスカートリッジ式」の進化によって、バーナーの性能にはもはや大きな差は無いと言えるだろう。単に「ガス」「液体燃料」の違いだけではなく、マルチフェーエルタイプ(ホワイトガソリン・灯油・ディーゼルなど様々な液体燃料に対応可能なタイプ)では、液体燃料の違いによっても差が出る。「ガスカートリッジ式」でも同じことが言え、中身のガスの種類によって、火力の強弱の差がつく。しかし、これは同一条件で数値を測定したスペックの話であり、実際の山では使用条件が様々異なる。中でも低温時には「ガス」「液体燃料」の差が大きく現れる。

一言て言えば、「ガスカートリッジ式」は低温に弱い。ガスが気化しにくくなり、火力が落ちるのだ。暖かい時期でも、使用する時間が長引けばガスの気化熱でカートリッジが冷え、同様に火力が低くなる。使用後のカートリッジは冷え、ガス缶に結露や霜が降りているのを見たことがある人も多いだろう。プレヒート作業が不要で、軽量でコンパクトなど使い勝手では「液化燃料式」に大きく勝る「ガスカートリッジ式」の数少ない弱点だ。だが、「マイクロレギュレーター」「液出し式」など新たなシステムで、その弱点を克服したモデルも最近では登場してきている。

また、屋外での調理で忘れてはならないのが、風の影響だ。火力や燃料の種類に拘りすぎるよりも、風防がしっかりとしたモノを選んだり、防風対策を考えた方が、実質的には燃料を無駄にせず、手早く調理ができることが多いのである。

関連記事

  1. シングルバーナーの分類(液体燃料式)

  2. シングルバーナーの使い方(山での食事)

  3. シングルバーナーの分類(ガスカートリッジの分類)

  4. シングルバーナーの機能(火力)

  5. シングルバーナーの分類(ガスカートリッジ式)

  6. シングルバーナーの選び方(マルチフューエルタイプ)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る