閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの使い方(山での食事)

山での食事と調理の道具

山での食事は栄養補給としてだけでなく、登山の一つでもある。お弁当も手軽でいいが、他の人が調理をして温かいものを食べていると、それはとても羨まし区見えるであろう。また、疲れ知らずで山を歩くにはしっかりとした食事は欠かせない。安全登山の為にも、山での食事についてはしっかりと考えたい。

セルフクッキングをすれば、自分で食べたいものを気持ちの良い景色の中で食べることができる。登山用品店やスーパーでも、保存性がよく簡単に調理ができる食材がたくさん並んでいる。また、山で贅沢な食材は新鮮なフルーツや野菜であろう。重くはなるが、栄養面のことを考えれば、できれば持っていきたいところだ。

調理には、シングルバーナーとクッカー(コッヘル)が必要になる。シングルバーナーはガスバーナーだけではなく、ガソリン燃料や固形燃料のモノがあるのは、他記事でも紹介の通りだが、それぞれの利点があるものの、日帰り登山や小屋泊まりでの山行を目的とする人ならば、ハンディで使いやすいガスカートリッジ式バーナーを選べば間違いがない。軽量でコンパクトに収納できる上、使用法が簡単で、安定した強力な火力を素早く得ることができる。また火にかける鍋としてクッカー(コッヘル)が必要になるが、登山洋品店に行くと、素材・デザイン・サイズなどが異なる様々なモデルが並んでいる。どんな山行をするかによって選び方は変わってくるが、お湯を沸かすのがメインという人はぜひチタン製をオススメする。他の素材よりも高価ではあるが、驚くほど軽く、手入れも簡単だ。

バーナーは持ってるだけでも役に立つ!

「料理なんてしないから、バーナーなんて必要ない」と考えている人も多いだろう。しかし、シングルバーナーはいざという時に役に立つ。例えば動けないほど歩き疲れてしまったとしよう。多くの人は焦ってしまい正確な判断力を失ってしまう。そんな時、バーナーを取り出し、一杯のお茶を沸かすと、気分が落ち着くと同時に、体に少しの力が湧いてくる。休憩することで、的確な判断力が取り戻されるのだ。

優れた携帯性、どんな状況でも簡単に使うことができる機能性、そしてそんな道具を持っているという安心感を得るためにも、バックパックにシングルバーナーや固形燃料、そしてクッカー(コッヘル)は常備したいアイテムだ。フリーズドライ食品があれば、さらに心強い。フリーズドライ食品は、乾燥しているので超軽量で、お湯を注げば数分待つだけで出来上がり、予想を超える美味しい食事が楽しめる。もちろんより積極的に使えば、山登りでの楽しい時間が増えることは言うまでもない。

関連記事

  1. シングルバーナーの使い方(プレヒート)

  2. シングルバーナーの使い方(安定性)

  3. シングルバーナーの選び方(大きさ・重さ)

  4. シングルバーナーの分類(ガスカートリッジの分類)

  5. シングルバーナーの使い方(まとめ)

  6. シングルバーナーの使い方(カートリッジの冷却防止)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る