閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの使い方(安定性)

バーナーを安全に使うには?

シングルバーナー は使い方を誤ると、事故につながりかねない。油断せず、常に注意力を働かせておきたい。まず、平らで安定したところに置くことが第一歩だ。ヘッドを接続する時には、ガスカートリッジを上向きにすることも肝要だ。斜めや逆さまだと、液体のガスが噴出する為、危険性が高まる。火災や一酸化炭素中毒の観点からテント内でのバーナーの使用が一般的に禁止されているのは、この為だ。また、バーナーには統一規格がないので、他社のガスカートリッジとの接続も原則的には避けた方がいい。私自身はこれで事故になったケースを聞いたことがないので、都市伝説的ではあるし、おそらく各メーカーの販売戦略の一環とも思われるが、やはりここは守っておいた方が無難であろう。また、燃料は高温になる車内や倉庫に置かないこともよく聞く話だ。その他、各メーカーの注意事項を確認し、安全に使用して欲しい。

バーナーの安定させるには?

バーナーヘッドをカートリッジに直結するタイプは重心が高くなり、鍋をひっくり返す大きな原因になると言われている。個人的な見解を述べると、バーナーとカートリッジが分離された所謂「分離型」タイプも同様で、フューエルホースの扱いには慣れが必要で、むしろ足などで引っ掛け余計に危険ではないかと思っているというのは、記事「シングルバーナーの選び方(安定性)」でも触れた通りだ。地面を平らにならすか、カートリッジを石などで固定出来ればいいが、状況によってはそうも都合良くは行かない。そんな時に備えて、ホルダーやトレーを持参すると失敗する可能性を減らせるだろう。

MSR ストーブ用スタビライザー
三脚タイプのカートリッジホルダー

三脚型ホルダーやカートリッジの下部に合わせて溝を掘ってあるトレーがその代表格だが、一度使うと二度と手放せないくらい、安定性が確実に上がる。

EPI カートリッジトレー
トレー型のカートリッジホルダー

液体燃料用のタイプでは、五徳の下部がベースにはまって固定できるモノがあり、短時間ならば雪上でもこのまま使えるというのも良い。

MSR トリリウムストーブベース
五徳の下部が固定できるタイプ

関連記事

  1. シングルバーナーの使い方(山での食事)

  2. シングルバーナーの機能(熱効率を高める工夫)

  3. シングルバーナーの使い方(まとめ)

  4. シングルバーナーの使い方(カートリッジの冷却防止)

  5. シングルバーナーの分類(ガスカートリッジ式)

  6. シングルバーナーの使い方(熱効率)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る