閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツール の分類(ナイフ)
  2. マルチツールの分類(カトラリー付きタイプ)
  3. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  4. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  5. マルチツールの分類(まとめ)
  6. クッカーの使い方(メンテナンス)
  7. クッカーの使い方(収納)
  8. クッカーの使い方(収納袋)
  9. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  10. クッカーの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの使い方(風防)

風防を用意する

シングルバーナーの弱点は風や寒さである。各メーカーでは風防のデザインやヘッドの工夫で風に強いモノを開発しているが、バーナーヘッドの風防に加え、別途スクリーンタイプの風防を使うと、バーナーの熱効率は大きく高まる。熱がこもりにくいアルミを使い、ピンで地面を固定できるタイプの風防が一般的であり、バックパックに入れておくのが一番だ。ただし、ガスカートリッジに予想外の熱が加わると、爆発の危険があり、注意が必要になる。風防を使うならば、風下を広げ気味にたて、風で煽られてバーナーと接触しないようにしっかりと固定する事が肝要だ。風防の効果を高めようとして、小さく囲んでしまうと、余計なリスクを背負うことになってしまう。広げて使えば、風を避け、熱がこもらず、より安全となる。

また、カートリッジは寒冷地仕様なども販売されているが、それ以外にもブースターなどの別売り部品をつけることで、冬でも強力な火力を保つことが可能になる。この辺りについては、別記事「シングルバーナーの使い方(カートリッジの冷却防止)」も、あわせて是非参照いただきたい。

関連記事

  1. シングルバーナーの使い方(プレヒート)

  2. シングルバーナーの分類(液体燃料式)

  3. シングルバーナーの使い方(メンテナンス)

  4. シングルバーナーの使い方(まとめ)

  5. シングルバーナーの選び方(収納ケース)

  6. シングルバーナーの機能(火力)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る