閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの選び方(燃料缶の大きさ・種類)

燃料缶の大きさや種類

液体燃料のボトルの大きさは、325mℓから1.5ℓサイズまで、様々な大きさが存在する。山歩きの日数や料理によって使い分けることができる。

トランギア フューエルボトル0.5ℓ

一方、種類は比較すると少ないものの、ガスカートリッジにも数種のサイズがあり、内容量の重さで「110」「250」「500」などの大きさに分けて販売されている。ガスの種類には、一般的なノーマル(ブタン)ガス、低温下でもパワーがあるイソブタンガス、より強力なプロパンガスなど、これらを混在して効果的なガスカートリッジが作られている。

ガスカートリッジ式 / EPIの場合

どちらの「缶」も必要な分量と重さを吟味し、極力軽量化を目指そう。

ガスカートリッジの種類と使用量

ガスカートリッジの種類と気温の関係は密接である。プリムスを例にとると、ノーマルのGガスは温暖な時期や低地での使用が目安となる。ハイパワーのTガスが通年用。夏でもアルプスにはTガスが適している。さらに冬季・高所専用のUガスがあり、低温時の使用を想定している。20℃以上での使用は禁忌とされている。燃料の使用量については、気温・水温・風の他、メニューや火力にも影響されるので、「○日間ならこれくらい」というう数値を出すのは極めて難しい。過去の山行を振り返り、自分なりの目安を見つけたいところだ。

関連記事

  1. シングルバーナーの使い方(プレヒート)

  2. シングルバーナーの選び方(収納ケース)

  3. シングルバーナーの分類(ガスカートリッジ式)

  4. シングルバーナーの機能(熱効率を高める工夫)

  5. シングルバーナーの選び方(カセットガス)

  6. シングルバーナーの使い方(風防)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る