閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの選び方(安定性)

直結型と分離型

ガスバーナーからクッカーがゴロン…、かなり悲惨な状況だ。大きなクッカーを乗せるなら、五徳は長く、3本よりも4本の方がしっかりと重みを支えてくれる。ただ、直結型のガスカートリッジと大鍋の組み合わせは、頭でっかちになってグラグラしやすい。これは分離型のバーナーを選ぶことで解決すると言われている。低い位置でどっしりと安定するので調理もしやすいし、皆で鍋も突きやすい。五徳は長さと本数に加えて、形状もチェックすると良い。面形状で風防を兼ねているものは、風の吹き抜けを防ぐので、立ち消えの範囲が狭いのだ。

分離型タイプは安定?不安定?

ガスカートリッジとバーナーヘッドが分離したタイプ(分離型)は、脚を広げれば安定感が増し、五徳の大きさもアップする。鍋の位置も低くなって調理が格段にしやすい。分離型は、傾斜のある場所でも水平になるように武微調整でき、鍋が五徳からずり落ちる心配が減る、鍋をひっくり返す恐れが激減すると、一般的には言われている。ただし、バーナーヘッドをガスカートリッジに直結するタイプ(直結型)よりも、必然的に全体の体積や重量は増えてしまう。安定性を取るか、コンパクトさを取るか、悩ましいところだ。

個人的な見解を述べるならば、この安定性には眉唾でして、ガスカートリッジや液体燃料ボトルからバーナーまで燃料を通すフューエルホースの扱いが、どうもまどろこしい。直結型であれば、ガス・バーナー・鍋を一体的に操作しやすいが、ガスとバーナー・鍋が分離され、いずれの位置も気にしながら、脚や体を動かすのは、むしろ体に引っ掛ける可能性が増し、安定性に欠けると思えてならない。実際、私自身は、狭いテント内で(これが良くないとも思うが、実際は皆テント内でも使っている)体を屈めながら、調理をするシーンでは、ガス缶が転がり、それを制しようとしてバーナー自体を倒してしまった経験がある。それもあってか、分離型が安定的だというのには、疑心なのである…。

関連記事

  1. シングルバーナーの使い方(ガスカートリッジのパッキング)

  2. シングルバーナーの分類(ガスカートリッジ式)

  3. シングルバーナーの使い方(安定性)

  4. シングルバーナーの分類(液体燃料式)

  5. シングルバーナーの分類(まとめ)

  6. シングルバーナーの機能(火力)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る