閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

シングルバーナーの選び方(大きさ・重さ)

シングルバーナー の大きさと重さについて考える

荷物の軽量化を図るためにも、シングルバーナーも軽くてコンパクトなモノに越したことは無い。世界最小レベルのモデルには、50g台のモノもある。しかし、使用する場所のことも考えよう。周囲に遮るもののない高山では、強風にさらされることも珍しくない。こんな場合は、風防を省略したモデルは、シングルバーナーとしての価値を失くす。だが、小屋の中や低山では大きな問題はない。自分のよく行く山のレベルに合わせると、シングルバーナーの選択に失敗がないだろう。個人的な見解を述べると、重さをいくら軽量化したとしても100g程度の差でしかなく、であれば軽さにこだわるよりは風防や火力にこだわった方が、結果的には、よほど有益となるはずだ。

関連記事

  1. シングルバーナーの機能(熱効率を高める工夫)

  2. シングルバーナーの使い方(プレヒート)

  3. シングルバーナーの選び方(まとめ)

  4. シングルバーナーの選び方(マルチフューエルタイプ)

  5. シングルバーナーの機能(火力)

  6. シングルバーナーの使い方(カートリッジの冷却防止)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る