閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. マルチツール の分類(ナイフ)
  2. マルチツールの分類(カトラリー付きタイプ)
  3. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  4. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  5. マルチツールの分類(まとめ)
  6. クッカーの使い方(メンテナンス)
  7. クッカーの使い方(収納)
  8. クッカーの使い方(収納袋)
  9. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  10. クッカーの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

カテゴリー:テント

生地が破れた時には…テント生地は、風などによって過度のテンションがかかったり、周囲の木や岩に引っ掛かったりして、破れてしまうことは珍しくない。傷んだ部分からキズは一層大きくなっていくので、早めに処置を施すことが、被害を最小化する一…

前室の確保を優先するテント泊を重ね、様々な気象条件を経験するにつれ、前室の大切さを思い知ることになる。広くて高い前室は、雨の日や荷物が多い時には、たっぷりと活躍してくれる。広くて高い方が使いやすいことは間違いないが、一方では軽量化…

ベンチレーターで通気する空気が籠りがちなテント内では、通気の為のベンチレーターが重要な役割を果たす。狭い空間に人が多いと酸欠になりかねず、暑い時期は日が昇ると内部がサウナ状態と化す。だが、ベンチレーターが機能していれば、幾分かは涼…

テント設営の基本まずはテントを設営する際に、たるんだ箇所が生まれないようきちんと隅を伸ばすように張ることが、最低限でも注意すべきことだ。テントの四隅にはしっかりとペグを打ち、張り綱をビシッと伸ばしてペグダウンすることで、テント内部…

豪雨・暴風時のテント設営・撤収方法街では想像もできない強烈な風雨が山では襲いかかるが、テント内部でシートをバスタブ状に敷くと、浸水から荷物を守れる。テントボトムと上部の生地の縫い目が長時間濡れると浸水しやすい。低い壁を作るように内…

テントで快適に過ごすには?テントを設営するにあたって、斜面や凹凸のある場所は安眠の妨げになる為、可能な限り平らな場所を選ぶのは基本中の基本だ。平らな地面がテント全体のスペースほどなくても、体を横たえる程であれば良い。その際、石や小…

テント設営の基本詳細は記事「テントの使い方(豪雨雨・暴風への対処)」や「テントの使い方(張り綱の効果的な使い方)」をご覧いただくと良いが、テント設営時には以下のことに気をつけると良い。まずテントを設営する際には、たるんだ箇所が生ま…

吊り下げ式テントの撤収手順テントの撤収手順については、あまり説明書などには書かれていないが、基本的には設営手順の反対の順序で行う。ただし、ポイントはいくつかあり、是非下記手順を参考にしていただきたい。①ペグを抜くま…

吊り下げ式テントの設営手順下記に示した設営手順は、吊り下げ式テントの一例に過ぎず、スリープ式ではポールの扱いが変わるなど、テントそれぞれによって設営手順は異なるので、説明書を読んで、それぞれのテントの特徴をまずは把握したい。…

設営と撤収の基本と考え方素晴らしいテントを手に入れても、使い方が中途半端ではその価値を発揮しない。設営・撤収の回数を重ね、基本テクニックの習得することに加え、経験を重ねて、スピードを高める応用力を養っていくことが望ましい。それくら…

大きいのがいいか、小さいのがいいか?大きなテントが小さなスタッフバッグにキッチリと収納できると、もちろん気持ちが良く、バックパック内でも収まりがいい。日本のメーカーのスタッフバッグは、概ねコンパクトに出来ていて、テントを押し込んで…

長辺と短辺テントへの入り口の取り付け方は、側面の長辺か短辺かのどちらに付けられているかの2つに分かれる。悪天候に強いのは、狭い入り口を短辺に付けたモノ。短辺に入り口があると、人の出入りはしにくいが、同時にテント内に雨や風が吹き込み…

派手系と地味系色には人の好みが出る。だが、人が少ない山で張るテントには、安全面などもう少し別の視点で色選びをする必要がある。天気が悪い時にテントを離れることが多いならば、赤やオレンジを選ぶのが良いだろう。白いガスがかかっていてもど…

4シーズン用テントは「冬用テント」一般的には、3シーズン用テントは「春・夏・秋」、4シーズン用テントは「春・夏・秋・冬」に利用可能と言われているが、4シーズン用は寒い雪山に対応すべく、生地は厚く、ディテールには工夫が多い為、かなり…

テントの構造テントの構造には、ポールを立てることでテントとして完成する「自立式」テントと、張り綱を張る必要がある「非自立式」テントとがある。平たく言うと、ペグで固定しなくても立ち上がるテントが「自立式」、そのほとんどがシンプルなド…

テントの素材もう一つ考えたいのは、テント素材の違いである。ゴアテックスで作られることにより、フライシートを必要としないシングルウォールテントは設置に時間がかからないので便利だが、前室が無い為に登山靴の置き場などスペースが取れなかっ…

快適性と重量のバランス内部スペースが広く高さもあるテントは、広々と使えるがどうしても重くなる。さらにベンチレーターがいくつも付いていたり、耐風性を高めるために多すぎるほどの張り綱がつけられていたりするモデルは、それらのパーツの重量…

軽量・コンパクトな装備がベストテント山行の山道具選びのポイントは、小屋泊まりに比べ必要となる装備がどうしても多くなる為、軽量・コンパクトなアイテムで揃えるということがベストなのは間違いない。とはいうものの、各メーカーで開発している…

温かい山中の我が家山登りの妙味は、眠るという言わば「生活」を山に持ち込むところではないだろうか。そんな山の生活のカギを握るのが、テントやスリーピングバッグ(シュラフ・寝袋)だ。年々、軽量化が進む登山用具の進化において、テントはその…

張り綱の効力張り綱(ガイライン)の最大の役目は、テントが強風への対応が出来るようにすることだ。その為にテントからは何本もの張り綱が延び、テンションをかけてしっかりと地面に固定をする。テントから張り綱が延びると、ポールにもテンション…

さらに記事を表示する
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る