閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

GPSは地図の代わりとなるのか?

地図かGPSか?

GPS機器を利用する登山者が急速に増えている。地図をサポートし、登山者を助けるGPSだが、どんなに優れた機能を持っていたとしても、最後は使いこなす人の力が試される…。ディスプレイが小さくて山域の全体像が掴みにくく、バッテリー切れの心配もある。やはり、GPSが地図の代わりとなるのは、いささか早計で危険な判断と言わざるを得ないだろう…

では、GPSが無用かというと、そうとは思わない…。GPSは山中で使うだけではなく、パソコンと連動することで、より実力を発揮する。出発前には詳細な計画を立てることができ、現場では自分が歩いたルートや時間を計測し、帰宅後には今後の山行の重要なヒントが得られるのがありがたい。そして、言うまでもなく、正確な位置を把握できる能力が素晴らしい。濃いガスで周囲が見えなくなったり、深い森の中で道に迷ったりしたときは、地形から地図を読むことができず、GPSの機能をありがたく感じることとなるだろう。GPSはあくまでも本来の地図のサポートをするものと考えたいところだ。

だが、GPS自体が歩くわけでもなく、自分がどこにいるか分かっても、そこからどうすれば正しい場所に戻れるのか、判断するのは結局、登山者の能力だ。個人的には、その力は、GPSに頼っていては身に付かず、地図とコンパスから、大きく山域全体を捉えながら、自身がどこにいるのかを仮説立て、合致・不一致を繰り返すことで、身につくものと思われる。GPSは上記の通り、その仮説を補完する機能であり、それは地図だけではできない正確な位置の把握であったり、地図だけでは読み取れない情報が得られる有益な山道具と言えよう。地図をメインに、GPSをサブに、最後は自身の判断力を高める経験がモノを言うのだ…。この話は、記事「コンパス・マップケースは必須アイテム?」もあわせて確認してほしい…

関連記事

  1. 登山にラジオは必要か?スマホで十分か?

  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?

  3. コンパス・マップケースは必須アイテム?

  4. テント泊登山に必要な山道具は?

  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?

  6. シルナイロンって本当のところどうなの⁉︎

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る