閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

クッカーの機能(まとめ)

細部に施されたプラスαの工夫

クッカーは食材や水に熱を加える為に「火」という超高熱と接する。この熱をいかに効率よく安全に利用すべきかが重要になるわけだが、その為にクッカーの細部には様々な工夫が施されている。クッカーはそもそもとてもシンプルな道具で、金属の本体に、蓋と手で持つためのハンドルが付いている程度である。特に安価なものは金属を成形して組み合わせただけで、モデルによっては蓋すら省略されている。最低限の調理にはそれでも必要十分だ。

だが、内面に異素材でコーティングを施しているモノにはいくつかのメリットがある。例えば、錆びやすいアルミ素材のクッカーであれば酸化を抑えて腐蝕の恐れを減らし、チタンでは焦げ付きを減らす。油や水の切れが良く、食事の汚れも取りやすい。調理後の後始末がペーパーによる拭き取りが主になる山では、非常に手入れが楽になる。

底面に溝を付けるなど加工が施されたモノは、熱効率を高めるだけではなく、バーナーの上に置いた時に滑り止めの効果ももたらし、クッカーをひっくり返す心配が減少する。特に不整地での調理にはありがたい工夫だ。

ハンドル部分は差が出やすい

モデルによって形状が大きく変わるのが、ハンドルの部分だ。簡単にクッカーを固定でき、同時にすぐには外れないモノが望ましい。クッカー本体に直接連結されているタイプは、パッキングの際に少々邪魔になることがあるが、紛失の心配はない。クッカーを持ち上げた時にも比較的安定している方。取り外しが可能なリフター系のハンドルは紛失の可能性があり、幾分クッカーを持ち上げた時に力を緩めないように注意する必要が出てくるが、パッキングの際には内部に収納できる為に、外面に凹凸がなくシンプルになる。一長一短があり、どちらを選ぶかは人それぞれの考え方次第ではあるが、個人的にはパッキング重視し、取り外しもしくは折り畳むことにより、極力シンプルな形状のタイプをオススメする。確かに持ち上げる時に注意は必要なものの、慣れの問題な気がするからだ。

関連記事

  1. クッカーの機能(底面の加工)

  2. クッカーの機能(焦げ付きの防止加工)

  3. クッカーの分類(まとめ)

  4. クッカーの使い方(メンテナンス)

  5. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)

  6. クッカーの使い方(収納)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る