閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

クッカーの使い方(メンテナンス)

清潔に使うテクニック

山中では食器を洗えるほど水が豊かで、しかも環境に負荷を与えないような場所は少ない。食器の汚れは多くの場合、ペーパーで拭き取って持ち帰ることになる。味が混じるのが嫌でなければ、食事ごとに拭き取る必要もなく、春や秋は朝の撤収前に一度拭くだけでも充分だが、夏場は職場は食中毒の危険もあるので、こまめに拭き取るのが無難であろう。食事後に汚れを水やお茶で溶かして飲みほすのが、古くからの山の流儀でもある。私が学生時代には、紅茶を沸かし、紅茶のティバックで、汚れを拭き取っていたものだ…

昔からポピュラーなのが、トイレットペーパーでの拭き取り。少ないペーパーで美しく拭き取るテクニックを磨きたい。粘性の高い食事の時には破れて内側に張り付くので、注意が必要だ。水を捨てる場所があれば、ごく少量の水で汚れを溶かして流す方法もある。お茶を作った後のお湯を使うと、最後にペーパーに吸い取らせてるのも一手であろう。汚れが完全には取りきれず、濡れたままにもなりやすいクッカーには薄手のタオルを挟むと良い。少々の汚れはこれで拭き取り、帰宅後に洗う。移動中もガタガタと音が鳴らず、快調だ。

関連記事

  1. クッカーの分類(網焼き用)

  2. クッカーの分類(システム型)

  3. クッカーの使い方(収納)

  4. クッカーの機能(焦げ付きの防止加工)

  5. クッカーの選び方(サイズ)

  6. クッカーの分類(ヤカン・ケトル)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る