閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

クッカーの選び方(素材)

オススメはチタン?アルミ?ステンレス?

クッカーの機能や性質にどんな点を期待するかで、素材の選択基準は変わってくる。重量はチタン>アルミ>ステンレスの順で軽くなり、頑丈さではステンレス>チタン>アルミの順に硬さがあり、凹みなどの心配が少ない。チタンについては頑丈であることには変わりないが、硬すぎて過度の圧力がかかると、突然割れる点が懸念点としてあげられる。その点、アルミは凹んだり曲がったりしても破損はしない。踏まえると、ステンレスは最も安定していると言えるであろう。価格は、チタン>アルミ>ステンレスの順で効果となる。チタンは軽い反面効果で、ステンレスは頑丈だが重い。アルミはそれらの中間と言えるだろう。

熱の伝導率が最も高いのはアルミである。燃料を効率的に使え、調理時間も早くなる。その点、チタンは伝導率が低く、クッカー全体に熱が回りにくいと言っていい。それらの長所と短所を踏まえると、現在の現実的な選択肢は、アルミかチタンだろう。ステンレスにも長所あるが、他の2つの選択肢に比べると、あまりに重いというのが難点だ。オートキャンプなどであれば安価でオススメできる選択肢だが、バックパックに詰め込んで人力で持ち運ぶ登山用としては、オススメできない。資金にゆとりがあれば、個人的にはチタンが一番の選択肢だろう。

アルミ
クッカーの素材として、一番ポピュラーな素材。凹みやすいが焦げにくく、熱伝導率が0.49と良いのでバーナーの火力が無駄にならない。この為、クッカー全体に熱が満遍なく伝わるので、炊飯は勿論、煮物や炒め物などを幅広く、手の込んだ料理もやすやすこなしてくれるのがアルミのクッカーだ。一方、金属としてはチタンよりも軽いが、柔らかい為に熱く加工せざるを得ず、結果として重くなってしまうのが弱点だ。また、手入れを怠ると白い錆が浮かぶが、加工が簡単な為比較的安価であり、長所が多い。のんびりと料理を楽しみにしたい人にはオススメだ。

チタン
特筆すべきは、軽量さと硬さであり、アルミの約6倍の強度を誇る。その為薄く加工できるので、軽量に仕上がる。ただし、加工が難しく、希少な金属なので製品は高価となる。その反面、欠点は熱伝導率が0.041と低い為に、火のあたる部分ばかりが熱くなり、焦げの原因となる。ハンドルなどは熱くなり難いという捉え方もできる。軽量や行動のスピードを重視し、料理はラーメンかフリーズドライで済ませる、というライト&ファストな登山には最適だ。

ステンレス
これらの中で、一番重く、安価な金属。その為に製品も安くて買い求めやすく、傷つきにくく、錆びにくいという長所もある。だが、熱伝導率はアルミに及ばず、チタン同様に焦げやすい。オートキャンプ用であればいいが、登山用としては少々使いにくいと言わざるを得ないであろう。

関連記事

  1. クッカーの機能(底面の加工)

  2. クッカーの機能(焦げ付きの防止加工)

  3. クッカーの使い方(メンテナンス)

  4. クッカーの分類(まとめ)

  5. クッカーの分類(鍋型)

  6. クッカーの分類(システム型)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る