閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

クッカーの選び方(型)

使いやすい「型」

鍋型クッカーのタイプは、大きく分けて3つだ。円柱状の浅型と深型、そして角型だ。機能的にはそれほどの差はなく、どれを選ぶかは基本的には好みによるところである。だが、それぞれの長所を挙げるとすれば、調理しやすさと安定性では開口部の大きい浅型であり、底面が広く、熱効率が良い。収納性では、口径が小さい深型で、内側の径をガスカートリッジ の大きさに合わせて設計しているものが多く、バックパックに収めやすい。現在のクッカーのメインは、このどちらかだ。ただし、どちらにも共通する丸型の蓋は、沸騰すると噴きこぼれやすい欠点もある。その点、角型の蓋は少し角度をずらして乗せれば蒸気を自由に逃せ、米や麺類を長時間煮込んでも、噴きこぼれが少ない。

浅型
面積が広く、最も調理に便利なのが浅型。底面も広いので、熱を無駄にせず、調理の効率を上げてくれる。

スノーピーク アルミパーソナルクッカーセット

深型
立方体気味の円柱になる深型は、バックパック内で収納しやすい。内側にはガスカートリッジ も収納可能なタイプが多い。

プリムス ライテックトレックケトル&パン

角型
パッキングが楽で、インスタントラーメンの型にピッタリだと、一部の登山家たちに根強い人気がある。一方で、歪みやすさが弱点でもある。

キャプテンスタッグ ラーメンクッカー

関連記事

  1. クッカーの分類(網焼き用)

  2. クッカーの分類(鍋型)

  3. クッカーの分類(ヤカン・ケトル)

  4. クッカーの機能(蓋の工夫)

  5. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)

  6. クッカーの使い方(収納)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る