閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. GPSは地図の代わりとなるのか?
  2. ヘッドライトの使い方(オプション)
  3. ヘッドライトの使い方(バッテリー)
  4. ヘッドライトの使い方(角度)
  5. ヘッドライトの使い方(光量)
  6. ヘッドライトの使い方(取り付け方)
  7. ヘッドライトの使い方(まとめ)
  8. ヘッドライトの選び方(充電式バッテリー)
  9. ヘッドライトの選び方(光の種類)
  10. ヘッドライトの選び方(電池の数と種類)
閉じる

山道具の選び方

ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)

照射距離を調整できるハイブリッド

小型と大型の2種類のLEDを備えるヘットライトもある。近距離を照らしたい時には小型LEDを、長距離を照らしたい場合は大型LEDをと使い分けが可能だ。中には小型と大型のLEDを同時に点灯でき、最高度の光量を実現しているモデルもある。必要な光量にする為には、何度かボタンを押して細やかな調整をする必要があるが、その手間さえ面倒でなければ、1つで2つの用途に使用でき、とても便利な存在だ。ここまで聞くと、もはや遠近両用タイプ一択だとも思えるが、質しながら、価格は比較的高価になり、またボディも大きめの傾向にある。個人的な見解を述べると、実際には遠近の調整を使わず過ごすことも多い為、早朝・夜間の行動が見込まれるなら遠距離向けタイプを、その可能性がないなら近距離向けタイプを選択した方が、考え方としてはシンプルである。

<遠近両用ヘッドライトの特徴>

  • 一つで二通りの照射距離を選べるハイブリッド
  • 構造が複雑になるので、値段が高め
  • 光量の調整の為に、使用方法が多少複雑

ブラックダイヤモンド コズモヘッドランプ

関連記事

  1. ヘッドライトの選び方(まとめ)

  2. ヘッドライトの選び方(バッテリーケース)

  3. ヘッドライトの機能(防水)

  4. ヘッドライトの使い方(光量)

  5. ヘッドライトの選び方(電池の数と種類)

  6. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る