閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)

ヘッドライト以外のライト

山では両手が空くヘッドライトの優位性は揺るがないが、ハンドライトやネックライトも便利だ。また、キャンプ地での居住性を高めたいときには、小型ランタンを持っていくのも悪くない。いずれにせよ、点灯するのはヘッドライト同様にLEDで、昔の豆電球タイプに比べて省電力なので、予備のバッテリーをたくさん持つ必要がなく、軽量で小型だ。ヘッドライトとともに持っても、それほど苦にはならないだろう。個人的なオススメは、早朝や夜間の行動は、遠距離用ヘッドライトを用い、テント内ではランタンを使うのが、それぞれの用途に適しており、一番利便性が高いと思う。が、これも正解ではなく、やはり究極的には、早朝の行動を要するか、荷物の軽量化がどこまで必要かなど、どのような登山を行うかによるところであろう。

ハンドライト
ハンドライトなら頭を動かさずに目的の場所を照らしだせる。片手は塞がるが、ヘッドライトと併用すると歩きやすい。

MAG-LITE(マグライト) C.CELL

ネックライト
必要時に手で持たなければならないが、ベルトによる頭部への圧迫感がないのが良い。紛失の恐れを減らせるのも長所だ。

パナソニック LEDネックライト

ランタン
手のひらに包み込めそうなほど小さいLEDタイプのランタンならば、無段階で光量を調節でき、テント内で使うのにちょうど良い。電池とともにUSB端子から電気を引けるLEDランタンもある。自宅でも使えるくらいオシャレなデザイン性を有しているのも、何かと使える。

スノーピーク ほおずき

関連記事

  1. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)

  2. ヘッドライトの分類(まとめ)

  3. ヘッドライトの使い方(オプション)

  4. ヘッドライトの機能(まとめ)

  5. ヘッドライトの使い方(角度)

  6. ヘッドライトの使い方(光量)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る