閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  2. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
  3. トレッキングポールの機能(まとめ)
  4. トレッキングポールの分類(Z字型)
  5. トレッキングポールの分類(T字型)
  6. トレッキングポールの分類(I字型)
  7. トレッキングポールの分類(まとめ)
  8. 細引き&カラビナは、何かと役に立つ!
  9. シルナイロンって本当のところどうなの⁉︎
  10. スタッフバッグの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

ヘッドライトの機能(LEDライトの数)

LEDライトの数

一般的な登山に使用する場合、大きめのLEDが複数付いたヘッドライトは、オーバースペックになる上に、無駄に重く、現実的な選択肢ではない。複数のLEDが内蔵されたタイプを選ぶ場合は、下記例のように、いずれも小型のタイプとなる。この際、数が多いほど広範囲を照らすが、バッテリーを多く消費する。光量を調節できるモノは暗くするだけバッテリーが持つが、快適に使うためには、その加減が重要になってくる。視界を均一に照らすために、LEDの配置は一列に並んだモノが多くなっているのも、この為だ。

<一般的なLEDライトの配置例>

  • 中心にLEDが一つ配置されたタイプ。その周囲を大きめの反射板で囲むことにより、単一のLEDながら広い範囲をカバーできる仕組みだ。
  • 小型LEDが2つあり、それらの間を離して、照射面積を広くする工夫をしたタイプ。遠くを照らすと中心が薄暗いが、近距離ならば問題はない。
  • 4つのLEDを等間隔に並べたタイプ。視界が均等に明るくなり、目の疲れが減らせる。最も汎用性の高いシステムだ。
  • 4つ並んだLEDの下に、もう一つプラスし配置したタイプ。横だけでなく縦方向の光の広がりにも配慮した配置になっている。

関連記事

  1. ヘッドライトの使い方(まとめ)

  2. ヘッドライトの分類(まとめ)

  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)

  4. ヘッドライトの機能(明るさ・バッテリー)

  5. ヘッドライトの使い方(角度)

  6. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る