閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

ヘッドライトの選び方(電池の数と種類)

電池の数と種類

バッテリーの種類と使用する数は、山中でのヘッドライトの性能を大きく左右する。常に明るさを保つ為に頻繁に交換できるよう、予備電池を忘れてはならないというのは、もはや山中の常識でもある…。電池式のラジオやカメラと同じ種類にしておくと、持ち歩くバッテリーを減らせるので、一つの選び方だろう。1回の山行ごとに再チャージできる充電式電池も便利だが、電圧が少々低いので、灯りが薄暗く感じることもあるので、その点は留意しよう。

電池の種類も様々だ。薄型ボタン電池を重ねてつけるタイプは、軽量だが電池の値段は若干高価で、入手も難しい。単3電池が1本のみのタイプもあり、長時間使える乾電池ならば、数泊の山行も十分持つ。主流なのは単4電池が3〜4本のタイプで、どんなコンビニでも買える乾電池としては最も小型で、利便性が高いのだろう…

関連記事

  1. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)

  2. ヘッドライトの機能(防水)

  3. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)

  4. ヘッドライトの選び方(光の種類)

  5. ヘッドライトの使い方(光量)

  6. ヘッドライトの分類(まとめ)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る