閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  2. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
  3. トレッキングポールの機能(まとめ)
  4. トレッキングポールの分類(Z字型)
  5. トレッキングポールの分類(T字型)
  6. トレッキングポールの分類(I字型)
  7. トレッキングポールの分類(まとめ)
  8. 細引き&カラビナは、何かと役に立つ!
  9. シルナイロンって本当のところどうなの⁉︎
  10. スタッフバッグの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

ヘッドライトの選び方(光の種類)

光の種類と使い分け

LEDの白い光は、直接目にすると一時視界が奪われるほど強力だ。モノに当たって反射した光でさえも、光量が強い場合は目が痛くなるほどの光の強さでもある。その点、赤色を代表とする色付きの光は、目への負担が比較的少ない。周囲に人がいる時や動物をこっそり観察したい時などに、有効だ。赤色のライトは目に刺激を与えないので、周囲に人が眠っている時に使っても、この色ならば迷惑をかけにくく、山小屋やテント泊でも気兼ねなく使いやすいだろう。その他、緑色の光などもあり、暗闇で見たいモノによって色を変えて、視認性の良さをあげるような使い方ができるヘッドライトもある。さらには、光を拡散させる透明のレンズ付きのヘッドライトもあり、使用方法の幅を広げてくれる。近距離を見る時にも使いやすい…

操作のわかりやすさ

ヘッドライトは、押す回数や長押しにするかでモードの切り替えをするタイプが多い。どう押せば、どのモードに切り替わるかを覚えておく必要がある。押しやすいボタンは、バックパックの中で誤って点灯してしまうことも多いので、誤作動防止モードがあるタイプが理想だが、無い場合は、オプションである専用のセミハードケースなどでも誤作動を防ぐことができる。記事「ヘッドライトの使い方(オプション)」もあわせて参照いただきたい…

関連記事

  1. ヘッドライトの使い方(オプション)

  2. ヘッドライトの使い方(まとめ)

  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)

  4. ヘッドライトの選び方(電池の数と種類)

  5. ヘッドライトの使い方(角度)

  6. ヘッドライトの選び方(まとめ)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る