閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

マルチツールの機能(まとめ)

用途別のパーツと機能性

パーツ自体の機能はもちろん、ディティールの工夫も山では重要となる。特にマルチツールは、自分にとって使いやすいタイプを把握しておきたいところだ。マルチツール の機能はタイプによって様々だが、基本となるのは刃物だ。ほとんどのマルチツールにはナイフが付き、モデルによっては大小のブレードが2つ付いているモノもある。またブレードにも直刃と波刃があり、それぞれにカットが得意な素材が異なっていて、使い勝手も大きく違ってくる。ナイフの使用時には強い力を入れる状況も想定され、この時ブレードを買う実にロックさせる仕組みになっているタイプは安全度が高い。ロック機能がないタイプであっても、固めに留まるモノを選ぶべきだ。

同じ刃物でもハサミはナイフと違い、細かな作業にも向いている。食品のパッケージの開封や道具の修繕、怪我をした際の応急処置などの時には、ナイフよりもハサミの方がはるかに使い勝手が良い。ハサミは予想以上に活躍の場があるのだ。同様に細かな作業に適した機能がプライヤーだ。普段はあまり使うことがなくても、突然の道具の破損や修理など、本当に困った時にこそ力を発揮してくれる重要な存在である。

バックパックへ荷物を詰める時に扱いにくい山道具の筆頭が、細長いカトラリー類だろう。硬い金属製は他のギアやウェアを傷つける原因となり、プラスチックや木製のタイプでは、カトラリー自身が破損し、折れたり割れたりといったトラブルが生じる恐れも高い。その為、2つに分割できたり、またはスライドして短縮できたりと、コンパクトに収納できる仕組みのモノはパッキングに適している。硬めの素材の収納ケースが付属されているモノも有用だ。専用ケース内への保管は衛生面でも安心である。

関連記事

  1. マルチツールの機能(コンパクト性)

  2. マルチツールの使い方(収納方法)

  3. マルチツールの使い方(まとめ)

  4. マルチツールの選び方(重さ・大きさ・機能)

  5. マルチツールの機能(ブレード形状)

  6. マルチツールの機能(爪切り)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る