閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(グリップの正しい握り方)
  2. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  3. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  4. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  5. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  6. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  7. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  8. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  9. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  10. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
閉じる

山道具の選び方

マルチツールの選び方(まとめ)

場面に応じたサイズとパーツ

マルチツール選びで最も大切なことは、シンプルさだ。使用目的を増やせば増やすほど、大型で重くなり、嵩張ってしまう為、使う人それぞれの重要性を見極め、過不足ないタイプを探したいところだ。不必要な機能を省いた小型で軽量なモノが手のひらに程よく収まり、使いやすいと言えるだろう。山で特に有用なのは、ナイフとハサミである。道具の修理などの用途にも備えたい人には、加えてプライヤー付きがオススメだ。その他の機能は、人それぞれで、例えば山でワインを飲むのが楽しみという人ならば、コルク栓抜きが必要になり、サブの照明としてLEDライト付きツールを選ぶという考え方もあるだろう。

カトラリーは、家にあるものでも間に合うが、アウトドア用に開発された持ち運びが楽なタイプやクッカーや食器に合わせて使いやすいサイズのモノは、やはり便利だ。

どの機能が必要なのか?

道具はシンプルな方が壊れにくく、簡単に使える。だが、その真理に真っ向から立ち向かう存在が、マルチツール だろう。切るだけの用途なら単純なナイフ、またはハサミの方が機能的で便利だが、マルチツール には様々な他の機能が付加されている。不必要なパーツが重要パーツと組み合わされたモデルが多く、選択時には悩むところだ。

個人的な見解を述べると、私が山で必要としている機能を重要順に並べれば、ナイフ、ハサミ、プライヤー、ヤスリ、ピンセットという順になるだろう。マイナスの小型ドライバーも意外と役に立つが、何と言っても最重視しているのが、初めの3つ(ナイフ・ハサミ・プライヤー)の機能だ。

私が初めて買ったマルチツール は、ビクトリノックスで、厚みは1cmほどで、それほど多くの機能は付いていない比較的シンプルなモノだった。本当はもっと機能満載のモデルが欲しかったが、価格の問題で諦めざるを得なかったが、結果的にはシンプルなモノがいいと思っている。何年も使い続け、次第にわかってきたのは、それで必要十分だったということだ。さらに機能が付加されたタイプを持ったとしても、きっと使うのは限られた機能になるだろう。ナイフやハサミの機能で代用できることも多く、と考えると必要十分な機能が見えてくるだろう。

関連記事

  1. マルチツールの分類(調理用具セット)

  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)

  3. マルチツールの機能(基本仕様)

  4. マルチツールの分類(プライヤータイプ)

  5. マルチツールの使い方(まとめ)

  6. マルチツールの機能(爪切り)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る