閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングマットの機能(表面素材)

表面素材の各種処理

スリーピングマット表面の生地は、強靭な厚手のモノであれば穴が開きにくいが、程度が過ぎると重くなり、収納もしにくい。穴が開きにくい強靭な素材にドット状の滑り止めをつけたタイプなら、テントのフロアにもマットが固定されるという利点がある。だが、ハードな環境で使うことが多い人以外は、薄い生地のタイプを選ぶのが現実的だ。またマットだけではなく、その上で使う寝袋も表面素材は化学繊維であり、化繊同士は滑りやすいので、寝相が悪い人は滑り止め加工を施しているモノがオススメである。表面に無数の滑り止めを点状に配置した素材なら、寝ているうちに寝袋がサイドにズレるのを防いでくれる。手に吸い付くような肌触りの表面素材もあり、これならば斜面で寝ていても、体がサイドにズレる心配はない。

関連記事

  1. スリーピングマットの機能(内部構造)

  2. スリーピングマットの使い方(空気注入)

  3. スリーピングマットの機能(バルブ)

  4. スリーピングマットの選び方(形状)

  5. スリーピングマットの機能(保温)

  6. スリーピングマットの選び方(コンパクトさ)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る