閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングバッグの分類(形状)

スリーピングバッグとは?

「スリーピングバッグ」は、日本語では「寝袋」、登山用語の多いドイツ語では「シュラフ(正確にはシュラフザック)」と呼ばれ、現在の日本では、この3語が混在している。私の感覚値ではあるが、アルパインスタイルの登山者に一番ポピュラーなのは「シュラフ」だと思うが、街中の登山用品店では、一般受けがいいのか、「スリーピングバッグ」と呼ばれることが多いように見受ける。いずれにせよ、表地と裏地の間に保温性の高い中綿を詰め込んだキャンプ用の寝具であり、睡眠時の体を保温し、明日の活動の為に心地よい休息をもたらす、テント泊山行には欠かせない重要ギアである。スリーピングバッグの種類を区分けするのは、外見の「形状」と内部の「中綿の種類」であり、この2点によって、用途や使い勝手は大きく変わってくる。

ナンガ ダウンバッグ600

スリーピングバッグの形状

外見上は「マミー型」と「レクタングラー型」に大別され、その中間の「セミレクタングラー型」も少数ながら存在する。レクタングラー型は内部スペースに余裕があって寝心地は良いが、その為に収納時にはコンパクトさに欠ける。また、内部の容量が大きく、同時に入り口が広い為、暖気が内側に溜まりにくく、保温性は落ちる。マミー型は寝心地はレクタングラー型ほどではないが、必要最低限の面積と容積に抑えることで、収納時にはコンパクトになり、何よりも体に密着する為に保温性では数段勝る。よって山岳用途としては、コンパクトで軽量、しかも暖かいマミー型の人気が圧倒的である。

シートゥサミット スパークSp1
マミー型のスリーピングバッグ

レクタングラー型スリーピングバッグ

「レクタングラー型」を直訳すると「長方形型」であり、完全に長方形のシルエットを持つのが「レクタングラー型」だ。以前から「封筒型」としても知られ、布団のような形状で、体を締め付けず、ゆったりと眠ることができる。サイドから足元にかけて付けられたファスナーを開くと、ブランケットのように使えるのが利点だ。ただし、形に余裕がある分、収納時のコンパクトさは期待できない。小さめのバックパックを使っている人には、持ち運びしにくいだろう。

・ スペースに余裕あり、伸び伸びと眠れる
・ 面積が広い分、コンパクトさは不十分

ネイチャーハイク 登山用シュラフ
レクタングラー型のスリーピングバッグ

セミレクタングラー型スリーピングバッグ

この “セミ”レクタングラー型は、完全な長方形ではなく、幾分足元を狭くしてあり、マミー型に近しいルックスである。だが、マミー型よりも足元が窮屈でなく、コンパクトさも目指したデザインになっている。マミー型でいうフード部分が有るタイプと無いタイプがそれぞれあり、まさにマミー型とレクタングラー型のいいとこ取りを狙った形状である。

・ マミー型より余裕のあるシルエット
・ レクタングラー型より収納がコンパクト

Tooge 冬用ダウンシュラフ
セミレクタングラー型のスリーピングバッグ

マミー型スリーピングバッグ(ダウン)

「マミー」とは「ミイラ」の意味であり、その他の通りエジプトのミイラのように肩の部分は広く、足元はシェイプされており、横たわった体のラインに沿った過不足ないシルエットが特徴だ。中でも、内部の中免にダウンを使用したタイプは、暖かい上に収納時にはコンパクトにまとまり、バックパックへのパッキングも楽である。開発されているモデル数や対応温度帯も他のタイプよりも格段に多く、自分に合うモノを選びやすい。現在の山岳用寝袋の主流派この「マミー型×ダウン」のタイプである。

・ 軽量でコンパクト
・ 多様なモデルから選べる
・ ダウンの特性上、濡れには弱い

ウミネコ UM-SH-01
マミー型(ダウン)のスリーピングバッグ

マミー型スリーピングバッグ(化繊)

「マミー型」には中綿に化学繊維を用いたモノもあり、ダウンにはない長所を持っている。化学繊維はたとえ湿っていても、言っていいおうの保温性を保つ。不用意に雨で濡らしてしまったり、テント内の結露を寝袋が吸収してしまっても、化繊の中綿のモノはそれほど寒い思いをせずに済むのである。また、自宅では洗いにくいダウンと違い、手入れも簡単だ。ただし、ダウンと同じ保温力を持たせようとすると、ダウンよりもかなりボリュームが出てしまう。つまりは、嵩張る上に、重くなるのだ。その点が少々デメリットである。

・ 湿っていても暖かい
・ 少々重く、コンパクトではない
・ ダウンほどのバリエーションはない

コールマン タスマンキャンピングマミー
マミー型(化繊)のスリーピングバッグ

関連記事

  1. スリーピングバッグの分類(中綿)

  2. スリーピングバッグの使い方(メンテナンス)

  3. スリーピングバッグの機能(ポケット・ファスナー)

  4. スリーピングバッグの機能(保温)

  5. スリーピングバッグの機能(換気性)

  6. スリーピングバッグの使い方(保温)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る