閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングバッグの機能(まとめ)

スリーピングバッグの主要構造・機能

明日への活力を生む「休息」は、山中では特に大切な「行動」の一つだ。その為に快適に眠れる寝袋は必要不可欠で、シンプルな見た目以上に、各部にはグッスリと眠れる機能が搭載されている。

スリーピングバッグの各種機能例

ドローコード
寒い時には顔のみが露出するように、フードを巾着状に締め上げる。低温下で使うモデルは肩の上でもコードを絞れるものが多く、さらに暖気を逃さない。

中綿
寝袋の内部はチューブのように仕切られ、偏りが少なく、暖かさが効率よくキープできるように中綿を挿入してある。この量によって、寝袋の対応温度が大きく変わる。

フード
体温が逃げやすい頭部を覆う。寒冷地用モデルには、マフラー状のショルダーウォーマーが付き、内部の暖気を逃さない構造になっている。一方、フードを省略したモデルもある。

ポケット
胸元近く(多くは内側)に小ポケットが付属しているモデルもある。アラーム機能のついた腕時計などを入れておけば音が聞こえやすく、目覚まし効果も高い。

サイドファスナー
暑い時には開けて、内部温度を調整できる。反面、寒冷時には暖気が逃げる場所でもあり、フラップなどを取り付けて空気の遮断する工夫もされている。軽量化の為に、省略化されたタイプも多い。

表面素材
撥水加工を施し、多少の濡れであれば染みないモノが主だ。中には防水素材を採用したり、縫い目にシームテープを貼って耐水性を高めたモノも登場している。

ハスキー Musset(ミュッセ)

関連記事

  1. スリーピングバッグの選び方(サイズ)

  2. スリーピングバッグの使い方(まとめ)

  3. スリーピングバッグの分類(中綿)

  4. スリーピングバッグの機能(保温)

  5. スリーピングバッグの分類(形状)

  6. スリーピングバッグの機能(キルト構造)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る