閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングバッグの使い方(シュラフカバー)

最高の防水手段はシュラフカバー

寝袋の濡れを解決する最大の方法は、専用のカバーを使うこと。透湿防水性が高いモノを選ぶことが大切だ。防水性とともに透湿性もある素材を使ったカバーは、内部の湿気は外部に放出されるが、暖気は逃さず、暖かさをアップさせる。透湿性が劣るモノを使うと体から発散された湿気でカバー内部が結露し、効果が薄くなる。カバーは暖かさも向上させる。カバー自体に保温力はないが、冷たい空気を遮り、寝袋との間に暖かい空気の層を生む。その結果として、保温性が上昇するのだ。寝袋のロフトを潰さないゆとりのあるサイズを是非選ぼう。昔から使われてきた、いわゆる「シュラフカバー」は、幅が広いワイドタイプで、寝袋のロフト(嵩張り)を潰すことがない。

+αのシーツ類

余裕があれば、寝袋用のシーツも持っていけるといい。体からの湿気を吸収して寝袋のコンディションを保つことに加え、保湿力の向上にも繋がるだろう。肌触りの良い化繊を使い、湿り気にも強い軽量なシーツは、暑い時期ならば、寝袋には入れず、それだけでも十分就寝可能だ。素材は、化繊やシルクがベターで、やはり肌触りが肝だ。ウールは嵩張りやすく、コットンなどは汗が乾きにくく、重さを考えると縦走などの長期山行には向かないだろう。

山小屋での活用

山小屋には布団があるので、スリーピングバッグを持ち込む必要はない。しかし、山小屋の布団は毎日誰かが寝ているものであり、清潔感を求めるのであれば、シュラフカバーに包まって布団に入れば、シーツや枕カバーの代わりになる。また、最盛期など部屋が混み合って眠れないときは、可能なら混雑を逃れて廊下などで寝ることもできる。また、着替えの場所を考えなければならない女性は、スリーピングバッグカバーに包まって着替えることもできる。様々な使用法ができるスリーピングバッグカバーやシーツだが、最近では超小型に収納できるモノが出回っているので、バックパックに入れておいても損はないだろう。

関連記事

  1. スリーピングバッグの選び方(使用温度帯)

  2. スリーピングバッグの使い方(まとめ)

  3. スリーピングバッグの選び方(表面素材)

  4. スリーピングバッグの機能(保温)

  5. スリーピングバッグの機能(ポケット・ファスナー)

  6. スリーピングバッグの使い方(メンテナンス)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る