閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングバッグの使い方(マット・枕)

枕との相性

着て寝ないウェアまとめて枕代わりにする方法が一般的だが、専用の枕があると安眠しやすい。しかしフード内にある頭は枕からズレやすいのが、難点である。枕は大きめを選ぶか、小型のものはフード内へ入れるといい。大きめの枕であれば、寝袋のフードの下に置くことで、寝返りをうっても頭から外れにくく、寝心地がいい。小さめの枕は、フード内に入れてしまうといい。寝返りしにくいという欠点もあるが、頭がずれないので、寝相がいい人は小さめがいいだろう。ちょっとした使い方で夜の快適さが変わってくるので、検討するといい。

マットとのコンビネーション

寝袋とマットをセットで考えた新発想のスリーピングバッグもある。寝袋の背面に中綿を封入しても体重でロフトが潰れ、保温力はそれほど上がらないので、背面部分の保温力を完全にマットに託し、一切の中綿を省いている設計になっている。寝袋下のスリットにマットを入れる構造になっていて、寝相の悪い人でもずり落ちることがない。マットの保温性を活かし、寝袋の背中側の中綿を省くことで、軽量やコンパクト化にも努めている。今後増えてくるのかもしれない。背中側が完全に開いた寝袋を、付属のストラップでマットに固定仕組みのモノもある。様々なマットと結合できるが、保温力の高いモノにしないと背中が冷えてくる可能性もあるので、注意もしたいところだ…。

関連記事

  1. スリーピングバッグの分類(形状)

  2. スリーピングバッグの機能(キルト構造)

  3. スリーピングバッグの使い方(メンテナンス)

  4. スリーピングバッグの機能(まとめ)

  5. スリーピングバッグの機能(換気性)

  6. スリーピングバッグの機能(ポケット・ファスナー)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る