閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングバッグの使い方(収納)

収納時のコンプレッション

ダウンの寝袋は、スタッフバッグに押し込んで圧縮するとかなり小さくなる。特にコンプレッション機能を持つスタッフバッグならば、驚くべきコンパクトさになる。寝袋付属のスタッフバッグは大きめのモノが多く、より小さく収納するならば他の袋に入れ替えると良い。防水性のスタッフバッグは、一度抜けた空気が戻らず、圧縮しやすい。一部の寝袋にはコンプレッション機能を搭載したスタッフバッグを付属するものもある。初めから無理に押し込まず、寝袋を入れてからしぼりあげるのが、コンパクトにする秘訣だ。バックパックに収納する時には、この特性を利用し、最小サイズで持ち運ぶのが理想的だ。しかし、長時間圧縮をかけたままだとダウンが痛んでくるので、強い圧縮はパッキング中だけに留めたいところだ。

関連記事

  1. スリーピングバッグの選び方(使用温度帯)

  2. スリーピングバッグの使い方(結露対策)

  3. スリーピングバッグの分類(形状)

  4. スリーピングバッグの機能(キルト構造)

  5. スリーピングバッグの選び方(表面素材)

  6. スリーピングバッグの機能(換気性)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る