閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(まとめ)
  2. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  3. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  4. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  5. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(まとめ)
  7. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  8. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  9. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
  10. ウォーターボトルの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングマットの機能(保温)

保温の為の工夫

キャンプ用のマットがあれば簡単に平らな寝床を作ることが出来る。背中に当たる凸凹をクッションで和らげるとともに、地面と寝袋の間に空気の層を作る為、寝袋が持つ保温力のロスをを少なく出来る。夏場は気がつきにくいが、弾力性とともにスリーピングマットが担う重要な役割が保温力だ。エア注入式が寒い時期に向かないのは、内部で対流する空気量が多すぎ、体温で暖まりにくい為である。フォーム材が空気の対流を留め、空気量自体も少ない自動膨張式はエア注入式よりも保温力が高い。さらに暖気をコントロールする特殊構造を持つモノはより高い保温性を実現する。以下、スリーピングマットには様々な工夫を施したタイプのモノがあるので、用途に応じて選択したい。クローズド・セル式の多くは、マット表面に体温を反射して保温力を高めるシルバーシートをラミネートしている。水分を弾く効果もあり、濡れても拭けば染み込むことがないのは、一つの工夫でもある。

エア注入式のタイプでも、様々な工夫が施されている。例えば、スリーピングマットの上面・下面で空気そうが分かれているモノがある。バルブも別れ、一方のバルブは上面、もう一方は下面を膨らます。内部では薄いフィルムの壁が、上下を分け、下からの冷気を遮断する。また、エア注入式だが、内部に薄いプリマロフト(化繊の中綿)と薄手のフォームを入れたタイプもある。エア注入式の利点である軽さは若干損なわれ、少々重くなるが暖かい。内部にダウンを封入したモノもある。ダウン量は少なくても、保温力はかなり上昇する。

女性用という視点

女性の体は男性よりも冷えやすい。そこで女性用として保温性を考慮して開発されたモノも発売されている。内部フォームのパターンを変え、冷えやすい腰元を重点的に保温する。重量は少々重くなるが、嬉しい配慮だ。サイズで言うと、女性に合わせて、少々短めになっているケースが一般的だ。短くした分だけ断熱性のフォームの肉抜きする量を減らし、重量を相殺している仕掛けだ。もちろん寒がりの男性にも効果がある有用なタイプだ。

関連記事

  1. スリーピングマットの使い方(まとめ)

  2. スリーピングマットの選び方(厚み)

  3. スリーピングマットの使い方(メンテナンス)

  4. スリーピングマットの機能(まとめ)

  5. スリーピングマットの使い方(空気注入)

  6. スリーピングマットの選び方(形状)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る