閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングマットの機能(内部構造)

快適性は内部構造で異なる

全体が弾力のある断熱材で出来ているクローズド・セル式のスリーピングマット以外は、マット内部は空洞となっている。その空洞部にフォームを入れた自動膨張式は、フォームが厚いほど弾力があって快適ではあるが、一方で重量が増す。自分で荷物を持ち運ぶ山岳用としては軽量化も大切な観点なので、フォームから適度な肉抜きを行なっているものが良いだろう。

ポリウレタンのフォームから肉を丸く抜き、軽量化したモノは、クッション性は少々落ちるが、寝心地が悪くほどではないという絶妙なバランスだ。フォームに肉抜きの穴を開けるのではなく、内部のスポンジ自体を軽量なモノに変え、軽量化を実現することによって、マット全面が均一のクッション性を保つタイプもある。かなり大きめにフォームを削って軽量化を行なっているタイプもあるが、見た目ほどは表面生地の張力とのバランスで、デコボコした感覚や過度の体の沈み込みを感じさせない。

エア注入式は内部の空気が容易に対流する為、保温性の低さが弱点であり、基本的には空気のみなので冷たさを感じやすかったが、近年は体が接する上部と地面の冷気で冷やされる下部の空気対流を遮断する隔壁を作ったり、化繊綿やダウンなど中綿を内蔵し保温性を向上させたタイプが続々と登場し、エア注入式の弱点を克服している。更には内部に熱反射板を入れて一層の断熱保温効果を生むモデルもある。

関連記事

  1. スリーピングマットの機能(まとめ)

  2. スリーピングマットの使い方(メンテナンス)

  3. スリーピングマットの機能(表面素材)

  4. スリーピングマットの使い方(まとめ)

  5. スリーピングマットの使い方(空気注入)

  6. スリーピングマットの選び方(厚み)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る