閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングマットの機能(まとめ)

保温に適したマットのタイプは?

熟睡は翌日の安全度を高め、気持ち良い登山をする為の必須条件であり、その為の肝となるスリーピングマットには、保温性や弾力性などを活かすさりげない工夫が秘められている。温暖な時期は、クッション性さえ高ければ、どんなマットでもそれなりの寝心地が得られる。だが、冬山はもちろんのこと、春や秋の寒い山では、保温力こそが大切だ。人間は多少デコボコした場所でも眠れないわけではないが、地面からの冷気を遮断しなければ、体が冷えてほとんど眠ることはできない。マットの保温力には誤解があり、マットは厚ければ厚いほど断熱性が高いと思っている人は多い。だが、それは内部にフォーム材が入っている自動膨張式のマットか、クローズド・セルのマットだけに限られる。もっともボリューム感があるエア注入式マットはむしろ反対で、厚みがあるものほど体は冷えてしまう。簡単に言えば、内部の大量の空気は体温だけでは暖まり切らないのだ。この特性を生かすと、むしろ夏場には涼しく眠れるタイプであるとも言える。

快適な睡眠を導く内部構造

とは言え、最近ではその断熱性が低いという弱点を克服したモデルも登場している。内部に化繊の中綿やダウンを封入し、あたかも防寒着やスリーピングバッグかのように保温性を高めたモノすらあるのだ。また内部を数層に仕切り、空気の対流を抑える構造のモデルも普及している。一番上の層の食ううきは体温で温まるのだが、それらの空気は内部の薄い壁で仕切られているので、混じり合わない。だからエア注入式マットでも保温力が生まれるのだ。従来のエア注入式マットならば断熱性が低いことに問題はないが、実際には内部構造まで考えてみないと、本当の保温力はわからない。エア注入式は、従来のタイプと最新のタイプを区別して考えなければ、機能性を比較しにくいのだ。

関連記事

  1. スリーピングマットの機能(表面素材)

  2. スリーピングマットの選び方(形状)

  3. スリーピングマットの選び方(ポンプ)

  4. スリーピングマットの使い方(空気注入)

  5. スリーピングマットの使い方(メンテナンス)

  6. スリーピングマットの機能(保温)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る