閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テント泊登山に必要な山道具は?
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングマットの使い方(バックパックとの補完)

バックパックで長さを補完する

スリーピングマットのサイズは180cmほどの全身用から90cmほどの半身用まで様々だ。寝心地が良いのは全身用だが、快適さを感じる背中のみをカバーする半身用の軽さやコンパクトさも捨て難い。マットは全身サイズを使う方が快適ではあるが、半身サイズを選択し軽量化を図ることもできる。その際、足りない部分には空にしたバックパックやレインウェアを足元に敷いて、活用すると良い。上半身側にマット、足側には圧迫感がないように背面を上に向けてバックパックを上に向けて敷くことで、互いを補完することができる。

バックパックの背面にはパッドがあり、マットとは何かとお互いに補完出来る関係だ。短いマットにバックパックのパッドでクッション部分の長さを補充する方法、バックパックの中に丸めたマットを入れて背面パッドとしても利用する方法は代表的な例だ。バックパックのパッドを利用して、マットを延長するのは、山をやる人間からすると極めて一般的だ。汗や雨で濡れているときは、水をあまり含んでいないフロント側を上にするのも一つだ。またマットの保温性が足りず、夜半に背中から冷えてきたら、バックパックをマットの上に重ねて敷くと良い。寝心地は悪くなるが、想像以上に地面の冷たさを遮断し、なんとか眠れるようになるだろう。

マットを丸めバックパックへ

パッドが薄い超軽量仕様のバックパックには、丸めたマットを内部に入れると背中のクッション性が増すというのも、よく知られた方法だ。

マットを丸めてバックパックに入れると
クッション性や防水性にも有効だ

チェアスリーブ

合わせて触れておくと、一度使うと病みつきになる人が続出するのが、マットを椅子代わりに使えるようにするのがチェアスリーブだ。細い骨組みだが、体をしっかりと支え、ストラップで角度の調整も可能だ。テント内に快適な椅子がある野営スタイルが実現し、食事や読書の時に実に重宝する。収納時のチェアスリーブは、空気を適度に抜き、折り畳んだマットをホルダー内に入れるだけで、立派な座椅子になる。弾力性が高く、座り心地が良い。

サーマレスト チェアスリーブ

関連記事

  1. スリーピングマットの選び方(まとめ)

  2. スリーピングマットの機能(まとめ)

  3. スリーピングマットの選び方(ポンプ)

  4. スリーピングマットの選び方(コンパクトさ)

  5. スリーピングマットの機能(内部構造)

  6. スリーピングマットの選び方(厚み)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る