閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

スリーピングマットの選び方(まとめ)

ポイントは、長さ・形・厚み

スリーピングマットマットは「スリーピングマットの分類」で提示の通り、大きく分けると3つに分類できる。発砲素材で作られた「クローズドセル式(クローズドセルマット)」と、チューブに空気を入れて膨らませる「エア注入式(エアマット)」、ウレタンフォームの自己復元作用によって膨らむ「自動膨張式(セルフインフレータブルマット)」の3種類だ。温かさ、コンパクトさ、価格など、それぞれ一長一短があるので、コース、季節、予算に合わせて選びたい。

さらに、スリーピングマット選びの重要なポイントは、自分の身長と体型に充分なサイズを選ぶこと。寝心地アップの為には、フォルムと厚みも検討すべき要点だ。不必要なモノや不必要な部分はできるだけ省き、嵩張りと重量を最小化するというのが、山岳用ギアの鉄則だ。スリーピングマットで言えば、寝袋に入れた体の面積をカバーできるサイズ(「長さ」と「形状」)、安眠を妨げないほどの「厚み」があれば充分ということになる。サイズは多くのメーカーで、レギュラーとショートタイプを用意している。身長に合わせて選べることは言うまでもないが、使い方によってもセレクトを検討できる。例えば、それほどクッション性や保温性がなくても眠れる足元の部分はマットなしで眠るという考え方や、ウェアなどを敷き詰めてマット代わりにする方法を取れば、平均的な身長の人でもショートタイプを使える。

形状は長方形型が一番ポピュラーであるが、使用時に面積が余りがちな頭部と頭部と足元をシェイプしたマミー型も増えている。寝返りを打つと体がマット外にはみ出しやすいが、軽量コンパクトを目指す人は選択肢に入れると良いだろう。

厚みのチョイスはなかなか難しい。温暖な時期は従来のエア注入式の厚みとクッション性が一番だが、空気を入れるのにはかなりの肺活量が必要で、思わぬ体力を奪われる。反面、雪上では暖かさを感じられず、よほど寒さに強い人でなければ凍えてしまうだろう。断熱材の塊と言えるクローズド・セル式マットは暖かいが、薄いものでもエアマットに比べれば、2〜3倍以上に嵩張る。自動膨張式は内部のフォームの性質に左右されるが、通常は厚みがあるモノの方が保温性が高い。

自分に必要な保温性、弾力性、軽量性はどれほどのものなのか? これらの3要素を中心によく考えてみると良い。

関連記事

  1. スリーピングマットの機能(内部構造)

  2. スリーピングマットの選び方(厚み)

  3. スリーピングマットの使い方(空気注入)

  4. スリーピングマットの使い方(メンテナンス)

  5. スリーピングマットの選び方(ポンプ)

  6. スリーピングマットの選び方(形状)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る