閉じる
  1. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. テント泊登山に必要な山道具は?
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. テントの使い方(メンテナンス)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの使い方(まとめ)
  2. トレッキングポールの選び方(サイズ)
  3. トレッキングポールの選び方(ストラップ)
  4. トレッキングポールの選び方(ポールの太さと耐久性)
  5. トレッキングポールの選び方(シャフト素材)
  6. トレッキングポールの選び方(ロックシステム)
  7. トレッキングポールの選び方(グリップ)
  8. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  9. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
  10. トレッキングポールの機能(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

スタッフバッグの選び方(ディテール)

ディテールのバリエーション

ファーストエイドやゴミ専用、内部のモノを守るパッド入りなど、用途によって工夫されたモノは使いやすい。ファーストエイドキットを入れる為のスタッフバッグは、内部には小物を仕分けるシートが付属していたり、緊急時にもすぐに分かるように、色は赤色が使われている。ゴミを入れる為に特化したドライバッグは、内部の汚れた水分を外に漏らさないよう設計されている。さらに、バックパックの外側にも付けられるようバックルが付属されているなど、ディテールでの工夫が満載だ。必要に応じて使い分けたいが、自分で手を加えてアレンジするのも面白い。また、最近増えてきているのが、ドライバッグとコンプレッションバッグの機能を兼ね揃えたタイプだ。空気が抜ける部分が帯状に設計されており、簡単にコンパクトになるので、構造が少々複雑になるが、多目的に使えるのがいい。ウェアなどを平たく入れてから、丸く巻き込むようにして圧縮するタイプのコンプレッションバッグは、緩やかに柔らかくしめれば、枕としても使えるので、重宝する…

関連記事

  1. シルナイロンって本当のところどうなの⁉︎

  2. スタッフバッグの分類(コンプレッションバッグ)

  3. スタッフバッグの選び方(素材の軽さ・強さ)

  4. スタッフバッグの選び方(色・大きさ)

  5. スタッフバッグの使い方(まとめ)

  6. スタッフバッグの分類(機能性バッグ)

おすすめ記事

  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. バックパックの選び方(サイズ)
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る