閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. バックパックの選び方(サイズ)
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

タグ:カトラリー

スペースを有効活用する収納方法鍋などのクッカーには、一緒に使うカトラリーやマルチツールを収納すると、使用時に同時に取り出すことが出来て便利だ。だが、細長いカトラリーはサイズが合わず、入りきらないことも多い。こんな場合に、金属製のカ…

有効に使える収納場所マルチツールは「マルチ」というだけあり、用途は限りなく、山中での出番は多い。いつ、どんな時に使う機会が訪れるかもわからないので、常に収納する場所を決め、すぐに取り出せるようにしておくと良い。またマルチツールは山…

カトラリーの柄の長さクッカーや食器との相性もカトラリー選びには忘れてはならない。縦に長い深型や大型のクッカーを使う際に、短い柄のカトラリーではそこまで届かず、調理や食事がし難くなるからだ。携帯性も考えつつ、適度なサイズを選びたい。…

使いやすい素材とディティールカトラリーで丈夫なのは金属だが、寒冷な季節は口当たりが冷たい。一方、プラスチックや木製は冷たくないとは言え、破損の恐れもある。また、一端がスプーン、もう一端がフォークになったタイプは両端を同時に使うと手…

衛生面と耐久性をあげるカトラリー類は直接口に入れて使うモノであり、山の道具の中でも衛生面に気をつけたい道具だ。付属のケースが付いているものが便利で、中でも水洗いしやすい素材がベターであろう。カトラリーを包み込むケースは破損防止にも…

コンパクト性の追求箸と同様に、細長い形状のスプーンやフォークも破損の恐れは高く、何よりも持ち運びがしにくい。その為にスライド式や折り畳み式のカトラリーが増えており、手のひらサイズに収まるように作られている。しかし、食事の際に力を入…

用途別のパーツと機能性パーツ自体の機能はもちろん、ディティールの工夫も山では重要となる。特にマルチツールは、自分にとって使いやすいタイプを把握しておきたいところだ。マルチツール の機能はタイプによって様々だが、基本となるのは刃物だ…

大人数なら調理用具セット大人数で山に入り、大きめの鍋を使って共同で食事の用意をする際には、調理用のカトラリー類も大きめの方が良い。柔軟なまな板に大きなレードルやフライ返し、各種の調味料入れなどが付いたキッチンセットなど、専用ケース…

「武器」を持って行こう!食事の時に必要になるのが、箸やスプーンなど、いわゆる山用語で「武器」と呼ばれるカトラリー類だ。割り箸など使い捨てを使っている人もいるが、どうせならばコッヘルとともに山用のものを使いたい。また、個人的な見解を…

ナイフや缶切りといったマルチツールの調理用パーツに、スプーンやフォークなどのカトラリーがついたタイプもある。修理などの他の目的には使いにくいが、食事に必要なパーツだけに絞ってあるために、マルチツールの中では軽量でコンパクトだ。個人的な見解…

多彩なバリエーションと形状マルチツールやカトラリーは多様なディティールを持つ。ナイフやハサミなど使用用途が多岐にわたるパーツを備え、様々な場面で活躍するマルチツール、そして食事の為のカトラリー、いずれも小さなギアではあるが、山には…

内部への収納硬いクッカーは圧縮できず、内部空間が無駄になる為、収納スペースとして積極的に活用したいところだ。同じ調理系の器具であるガスカートリッジやバーナーヘッドを入れると便利だが、調理の時に使う箸やナイフ・フォークなどカトラリー…

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る