閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  2. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  3. マルチツールの分類(まとめ)
  4. クッカーの使い方(メンテナンス)
  5. クッカーの使い方(収納)
  6. クッカーの使い方(収納袋)
  7. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  8. クッカーの使い方(まとめ)
  9. クッカーの選び方(サイズ)
  10. クッカーの選び方(型)
閉じる

山道具の選び方

タグ:ガスカートリッジ式バーナー

液体燃料もガスも使えるモデルガソリンや灯油、ジェット燃料など数種の液体燃料を使えるのが、マルチフューエルタイプのシングルバーナーだ。その時に手に入った燃料を使うことが出来て、非常に便利でもある。だが、ノズルパーツの変更やこまめなメ…

燃料缶の大きさや種類液体燃料のボトルの大きさは、325mℓから1.5ℓサイズまで、様々な大きさが存在する。山歩きの日数や料理によって使い分けることができる。トランギア フューエルボトル0.5ℓ一方、種類は比…

まずはガスカートリッジ式がオススメ!山道具の中でも耐久性があり、最も長く使い続けられるのが、シングルバーナーだ。逆捉えるならば、それだけに確実なものを間違いなく選びたいところだ。ガスカートリッジにバーナーヘッドを固定し、ダイヤルを…

点火装置は便利なのか?ガスカートリッジ式の多くには、点火装置が付属している。ボタンを押すだけで電気の火花を発生させ、点火できるのである意味においては、便利な機能だ。だが、この装置は気圧が低い高所や低温時には点火しにくい。点火装置が…

マイクロレギュレーター装置気化熱によってカートリッジが冷却され、火力が低下するのは、ガスカートリッジ式の最大の弱点だ。しかし、最近ではこの弱点を解消する工夫が施されたモデルが、いくつか存在する。その一つは「マイクロレギュレーター」…

用途と火力の関係スペックに、「●●kcal」と表示されているのが、そのシングルバーナー の出力だ。お茶を沸かす、インスタントラーメンを作るといった程度の用途なら、2,000kcal台のの軽量・コンパクトなモノでも十分だ。ソロキャン…

ガスカートリッジ式の弱点ガスカートリッジ式シングルバーナーは、本来扱いにくいガスを頑丈な金属の缶に封入することで、手軽に使えるようにしている。しかし、カートリッジは使用時間が長くなればなるほど、ガスが気化する際に熱を奪うという、い…

燃料を効率良く熱に変えるシングルバーナーの機能を問われると、まず炎のエネルギーをいかに無駄にせず調理用に使えるかが、バーナーの性能差と言える。加えて、細かな工夫も使い勝手を左右してくる。究極の命題である、「ガスカートリッジ式」と「…

ガスカートリッジの種類シングルバーナー で使用するガスはブタンガスが主流だ。だが、低い気温の中で使用するとガスが気化しにくく、火力が低下するので、プロパンガスなどを配合した寒冷地仕様のものもある。容量も様々なので、日数や人数なども…

ガスカートリッジ式バーナーの特徴ガスといっても気体のままではなく、高圧をかけて液化し、体積を減らして金属のカートリッジに封入されている。このカートリッジにバーナー本体を組み合わせ、空気中で再び気体化したガスに空気を混同して燃やすの…

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る