閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. テントの使い方(メンテナンス)
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  5. 一番最初に揃えるべき山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの選び方(充電式バッテリー)
  2. ヘッドライトの選び方(光の種類)
  3. ヘッドライトの選び方(電池の数と種類)
  4. ヘッドライトの選び方(バッテリーケース)
  5. ヘッドライトの選び方(まとめ)
  6. ヘッドライトの機能(防水)
  7. ヘッドライトの機能(明るさ・バッテリー)
  8. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  9. ヘッドライトの機能(まとめ)
  10. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
閉じる

山道具の選び方

タグ:ガスカートリッジ

内部への収納硬いクッカーは圧縮できず、内部空間が無駄になる為、収納スペースとして積極的に活用したいところだ。同じ調理系の器具であるガスカートリッジやバーナーヘッドを入れると便利だが、調理の時に使う箸やナイフ・フォークなどカトラリー…

バーナーを安全に使うには?シングルバーナー は使い方を誤ると、事故につながりかねない。油断せず、常に注意力を働かせておきたい。まず、平らで安定したところに置くことが第一歩だ。ヘッドを接続する時には、ガスカートリッジを上向きにするこ…

ガスカートリッジの持ち運び方長期間の縦走や人数が多くて食事の量が増える時には、幾つものガスカートリッジが必要になる。すると、バックパックの中でますます邪魔になる上に、硬い金属なので不容易にパッキングすると他のモノを傷つけてしまう可…

嵩ばらせないパッキング丸くて硬いガスカートリッジは、バックパックの中でパッキングしにくい山道具の一つだ。同時にクッカは内部にデッドスペースがあり、この空間が収納に使える。そこで最近のクッカーはガスカートリッジの大きさに合わせたサイ…

燃料缶の大きさや種類液体燃料のボトルの大きさは、325mℓから1.5ℓサイズまで、様々な大きさが存在する。山歩きの日数や料理によって使い分けることができる。トランギア フューエルボトル0.5ℓ一方、種類は比…

ガスカートリッジの種類シングルバーナー で使用するガスはブタンガスが主流だ。だが、低い気温の中で使用するとガスが気化しにくく、火力が低下するので、プロパンガスなどを配合した寒冷地仕様のものもある。容量も様々なので、日数や人数なども…

ガスカートリッジ式バーナーの特徴ガスといっても気体のままではなく、高圧をかけて液化し、体積を減らして金属のカートリッジに封入されている。このカートリッジにバーナー本体を組み合わせ、空気中で再び気体化したガスに空気を混同して燃やすの…

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る