閉じる
  1. テント泊登山に必要な山道具は?
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. テントの使い方(メンテナンス)
  4. バックパックの選び方(サイズ)
  5. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの機能(まとめ)
  2. トレッキングポールの分類(Z字型)
  3. トレッキングポールの分類(T字型)
  4. トレッキングポールの分類(I字型)
  5. トレッキングポールの分類(まとめ)
  6. 細引き&カラビナは、何かと役に立つ!
  7. シルナイロンって本当のところどうなの⁉︎
  8. スタッフバッグの使い方(まとめ)
  9. スタッフバッグの選び方(ディテール)
  10. スタッフバッグの選び方(色・大きさ)
閉じる

山道具の選び方

タグ:シングルバーナー

内部への収納硬いクッカーは圧縮できず、内部空間が無駄になる為、収納スペースとして積極的に活用したいところだ。同じ調理系の器具であるガスカートリッジやバーナーヘッドを入れると便利だが、調理の時に使う箸やナイフ・フォークなどカトラリー…

山での食事と調理の道具山での食事は栄養補給としてだけでなく、登山の一つでもある。お弁当も手軽でいいが、他の人が調理をして温かいものを食べていると、それはとても羨まし区見えるであろう。また、疲れ知らずで山を歩くにはしっかりとした食事…

プレヒートってなに?プレヒート(予熱)は液体燃料を気化させる為の準備のことを言う。液体燃料式シングルバーナーでは、液体燃料はボトルからバーナーに送り出される途中、ジェネレーターという金属チューブ内で加熱されることで気化する。このジ…

ノズルの詰まりを解消する!バーナーの不調の多くは、燃料が噴射されるノズル(正式名称はジェット)の詰まりだ。その原因は不完全燃焼によるススの発生や、調理中の噴きこぼしなどによる。ノズルの中央に極細の穴があり、ここから燃料が出るのだが…

バーナーの熱を「チャージャー(インクリーザー)」で循環するガスカートリッジの冷却問題については、記事「シングルバーナーの機能」でも触れた通りだが、ガスカートリッジは冷えやすく、かつ冷えると火力が高まらないという欠点がある。ガスカー…

ヒートリフレクターは反射で熱効率を高める一般的には、「ヒートリフレクター」と「ヒートエクスチェンジャー」は同じモノを指して呼ばれることも多い。商品名では、「ヒートエクスチェンジャー」という名称の方がポピュラーなのかもしれない。正確…

バーナーを安全に使うには?シングルバーナー は使い方を誤ると、事故につながりかねない。油断せず、常に注意力を働かせておきたい。まず、平らで安定したところに置くことが第一歩だ。ヘッドを接続する時には、ガスカートリッジを上向きにするこ…

ガスカートリッジの持ち運び方長期間の縦走や人数が多くて食事の量が増える時には、幾つものガスカートリッジが必要になる。すると、バックパックの中でますます邪魔になる上に、硬い金属なので不容易にパッキングすると他のモノを傷つけてしまう可…

風防を用意するシングルバーナーの弱点は風や寒さである。各メーカーでは風防のデザインやヘッドの工夫で風に強いモノを開発しているが、バーナーヘッドの風防に加え、別途スクリーンタイプの風防を使うと、バーナーの熱効率は大きく高まる。熱がこ…

嵩ばらせないパッキング丸くて硬いガスカートリッジは、バックパックの中でパッキングしにくい山道具の一つだ。同時にクッカは内部にデッドスペースがあり、この空間が収納に使える。そこで最近のクッカーはガスカートリッジの大きさに合わせたサイ…

まず必要なのは、日帰り登山の山道具記事「一番最初に揃えるべき山道具は?」で触れた通り、必要な山道具は、山行に合わせて、備える山道具は増えてくる。多くの人は、日帰り登山 > 1〜2泊の登山(山小屋) > 1〜2泊の登山(テント) >…

効率を考えてどう使うべきか?バーナーは、アウトドアギアの中でも最も危険性が高い山道具だ。炎という危険な存在を扱う為、使用には細心の注意が必要である。まずは説明書を熟読して適切な使用方法をマスターしよう。自己流の使い方は燃料を爆発さ…

手に入りやすいカセットガスドーム型の一般的なガスカートリッジよりも火力は控えめだが、カセットガスを使うバーナーも有用だ。わざわざアウトドアショップに出向く必要もなく、生活雑貨店やスーパー・コンビニなどでも手に入りやすい。家庭用とし…

液体燃料もガスも使えるモデルガソリンや灯油、ジェット燃料など数種の液体燃料を使えるのが、マルチフューエルタイプのシングルバーナーだ。その時に手に入った燃料を使うことが出来て、非常に便利でもある。だが、ノズルパーツの変更やこまめなメ…

収納ケースの種類金属製で丈夫なシングルバーナー だが、ガスカートリッジ式の五徳などはパーツが細かく、破損の恐れもある。そこでハードケースが付属されているモデルも多いが、バックパックの中で嵩張りやすく、邪魔になることも…。E…

燃料缶の大きさや種類液体燃料のボトルの大きさは、325mℓから1.5ℓサイズまで、様々な大きさが存在する。山歩きの日数や料理によって使い分けることができる。トランギア フューエルボトル0.5ℓ一方、種類は比…

直結型と分離型ガスバーナーからクッカーがゴロン…、かなり悲惨な状況だ。大きなクッカーを乗せるなら、五徳は長く、3本よりも4本の方がしっかりと重みを支えてくれる。ただ、直結型のガスカートリッジと大鍋の組み合わせは、頭でっかちになって…

シングルバーナー の大きさと重さについて考える荷物の軽量化を図るためにも、シングルバーナーも軽くてコンパクトなモノに越したことは無い。世界最小レベルのモデルには、50g台のモノもある。しかし、使用する場所のことも考えよう。周囲に遮…

まずはガスカートリッジ式がオススメ!山道具の中でも耐久性があり、最も長く使い続けられるのが、シングルバーナーだ。逆捉えるならば、それだけに確実なものを間違いなく選びたいところだ。ガスカートリッジにバーナーヘッドを固定し、ダイヤルを…

点火装置は便利なのか?ガスカートリッジ式の多くには、点火装置が付属している。ボタンを押すだけで電気の火花を発生させ、点火できるのである意味においては、便利な機能だ。だが、この装置は気圧が低い高所や低温時には点火しにくい。点火装置が…

さらに記事を表示する
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る