閉じる
  1. テントの使い方(メンテナンス)
  2. テント泊登山に必要な山道具は?
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  5. バックパックの選び方(サイズ)
閉じる
閉じる
  1. トレッキングポールの選び方(まとめ)
  2. トレッキングポールの機能(衝撃吸収システム)
  3. トレッキングポールの機能(まとめ)
  4. トレッキングポールの分類(Z字型)
  5. トレッキングポールの分類(T字型)
  6. トレッキングポールの分類(I字型)
  7. トレッキングポールの分類(まとめ)
  8. 細引き&カラビナは、何かと役に立つ!
  9. シルナイロンって本当のところどうなの⁉︎
  10. スタッフバッグの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

タグ:スリーピングマット

ベースは日帰り登山+小屋泊まり登山テント泊登山に必要な山道具は何だろうか?当然テントは必要になるが、それ意外と言えば、基本的には、日帰り登山・小屋泊まり登山で必要な山道具がベースとなる。大抵の登山初心者が、日帰り登山 → 小屋泊ま…

携帯したいリペアキット構造上、パンク知らずのクローズド・セル式のマットなら話は別だが、エア注入式マットや自動膨張式マットは、必ずリペア用のキットを持ち歩こう。エア注入式の最大の敵はパンクであり、空気が抜けると単なるシートでしかなく…

バックパックで長さを補完するスリーピングマットのサイズは180cmほどの全身用から90cmほどの半身用まで様々だ。寝心地が良いのは全身用だが、快適さを感じる背中のみをカバーする半身用の軽さやコンパクトさも捨て難い。マットは全身サイ…

効率的な空気注入一日歩いた後に、厚いマットに子機を注入するのは疲れる…。分厚いマットほど、空気の注入は体力を消耗する。体力自慢の男性ならまだしも、女性にとっては、快適さと引き換えに、これが一苦労になる。この手間や負担を省いてくれる…

使い勝手を左右する+α手持ちのマットを最大限に利用するためには、他のグッズを含めたシステム化が一つの手だ。クッション性と保温性を兼ねた方法を自分なりに考案しても面白い。身長分の長さのあるマットは、やはり寝心地が良い。一方で長さを求…

素早く膨らませる為の工夫最近のエア注入式マットには、ポンプが内蔵されたモデルが増えてきている。軽量なフォーム材の弾力性を利用した構造で、ポンプがついてもそれほど重さがプラスされるわけではなく、なかなか優れたシステムである。使用方法…

寝心地を左右する厚み保温力は、タイプによって大きく異なる。クローズド・セル式と自動膨張式は基本的に厚みがある方が暖かい。反面、内部にそれほど工夫がないシンプルなエア注入式は、厚みとほぼ関係がなく、冬は常に冷たく感じる為、暖かい時期…

携行時のコンパクトさコンパクトなスリーピングマットは、パッキングを楽にする。サイズや厚みによって、収納サイズ、コンパクトさ、重量、快適さ、重視する視点は人それぞれ異なるものの、自動膨張式とエア注入式は、多少大きくても、バックパック…

スリーピングマットの形状は好みで選ぶスリーピングマットの形状と言えば、以前はスクエアなシルエット(レクタングラー型)が主流だったが、軽量・コンパクト化を図り、四隅のコーナーをカットしたタイプ(セミレクタングラー型・マミー型)や中に…

ポイントは、長さ・形・厚みスリーピングマットマットは「スリーピングマットの分類」で提示の通り、大きく分けると3つに分類できる。発砲素材で作られた「クローズドセル式(クローズドセルマット)」と、チューブに空気を入れて膨らませる「エア…

使いやすいバルブの形状厚みのある自動膨張式、そしてエア注入式の場合、空気の出し入れには予想以上の体力を使う。口径が大きいバルブほど楽に空気を吹き込めるが、膨らんでも素早く閉じなければ、空気が抜けてしまう。その点の改良も進化している…

表面素材の各種処理スリーピングマット表面の生地は、強靭な厚手のモノであれば穴が開きにくいが、程度が過ぎると重くなり、収納もしにくい。穴が開きにくい強靭な素材にドット状の滑り止めをつけたタイプなら、テントのフロアにもマットが固定され…

快適性は内部構造で異なる全体が弾力のある断熱材で出来ているクローズド・セル式のスリーピングマット以外は、マット内部は空洞となっている。その空洞部にフォームを入れた自動膨張式は、フォームが厚いほど弾力があって快適ではあるが、一方で重…

保温の為の工夫キャンプ用のマットがあれば簡単に平らな寝床を作ることが出来る。背中に当たる凸凹をクッションで和らげるとともに、地面と寝袋の間に空気の層を作る為、寝袋が持つ保温力のロスをを少なく出来る。夏場は気がつきにくいが、弾力性と…

保温に適したマットのタイプは?熟睡は翌日の安全度を高め、気持ち良い登山をする為の必須条件であり、その為の肝となるスリーピングマットには、保温性や弾力性などを活かすさりげない工夫が秘められている。温暖な時期は、クッション性さえ高けれ…

硬い地面でも凹凸を感じさせず、雪上では冷気もシャットアウトする。山中の安眠に欠かせない山道具の一つが、スリーピングマットだ。外見はどれも同じように見えるが、その構造には様々な工夫が秘められている。長所が異なる3つのタイプ…

枕との相性着て寝ないウェアまとめて枕代わりにする方法が一般的だが、専用の枕があると安眠しやすい。しかしフード内にある頭は枕からズレやすいのが、難点である。枕は大きめを選ぶか、小型のものはフード内へ入れるといい。大きめの枕であれば、…

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る