閉じる
  1. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  2. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  3. バックパックの選び方(サイズ)
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. ヘッドライトの機能(LEDライトの数)
  2. ヘッドライトの機能(まとめ)
  3. ヘッドライトの分類(ハンドライト・ネックライト・ランタン)
  4. ヘッドライトの分類(遠近両用タイプ)
  5. ヘッドライトの分類(遠距離向けタイプ)
  6. ヘッドライトの分類(近距離向けタイプ)
  7. ヘッドライトの分類(まとめ)
  8. ウォーターボトルの使い方(浄水器)
  9. ウォーターボトルの使い方(クリーニング)
  10. ウォーターボトルの使い方(飲み口)
閉じる

山道具の選び方

タグ:ナイフ

切れ味を上げるシャープナーアウトドアで使うマルチツールのブレードは、使い続けていると切れ味が落ちる。だが、砥石のような効果がある専用のシャープナーが販売されている。鋼を使ったものはもちろん、ステンレスの刃であっても、研ぐことで切れ…

場面に応じたサイズとパーツマルチツール選びで最も大切なことは、シンプルさだ。使用目的を増やせば増やすほど、大型で重くなり、嵩張ってしまう為、使う人それぞれの重要性を見極め、過不足ないタイプを探したいところだ。不必要な機能を省いた小…

マルチツールの基本仕様マルチツールの中でも非常にポピュラーな機能を押さえたタイプが、「アーミーナイフタイプ」と「プライヤータイプ」だ。「アーミーナイフタイプ」には滑りにくいグリップとナイフが主体で、「プライヤータイプ」はそのままだ…

用途別のパーツと機能性パーツ自体の機能はもちろん、ディティールの工夫も山では重要となる。特にマルチツールは、自分にとって使いやすいタイプを把握しておきたいところだ。マルチツール の機能はタイプによって様々だが、基本となるのは刃物だ…

可能な限り荷物を減らしたい山では、単なるナイフよりもマルチツールの方が有用だ。特にトレッキングでは、マルチツールに分がある。だが、多少手の込んだ料理をする際には、やはり大きめのブレードを持つナイフがあると便利である。ナイフは目的に応じて選…

ナイフや缶切りといったマルチツールの調理用パーツに、スプーンやフォークなどのカトラリーがついたタイプもある。修理などの他の目的には使いにくいが、食事に必要なパーツだけに絞ってあるために、マルチツールの中では軽量でコンパクトだ。個人的な見解…

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る