閉じる
  1. バックパックの選び方(サイズ)
  2. 一番最初に揃えるべき山道具は?
  3. 小屋泊まりの山行に必要な山道具は?
  4. テントの使い方(メンテナンス)
  5. テント泊登山に必要な山道具は?
閉じる
閉じる
  1. マルチツール の分類(ナイフ)
  2. マルチツールの分類(カトラリー付きタイプ)
  3. マルチツールの分類(プライヤータイプ)
  4. マルチツールの分類(アーミーナイフタイプ)
  5. マルチツールの分類(まとめ)
  6. クッカーの使い方(メンテナンス)
  7. クッカーの使い方(収納)
  8. クッカーの使い方(収納袋)
  9. クッカーの使い方(サイズの組み合わせ)
  10. クッカーの使い方(まとめ)
閉じる

山道具の選び方

タグ:使い方

内部への収納硬いクッカーは圧縮できず、内部空間が無駄になる為、収納スペースとして積極的に活用したいところだ。同じ調理系の器具であるガスカートリッジやバーナーヘッドを入れると便利だが、調理の時に使う箸やナイフ・フォークなどカトラリー…

効率よく機能的に使うアイデア自分好みのクッカーを見つけたら、あとはどのように実際に使用するか。一度手に入れれば、いつまでも使えるものだけに、できるだけ快適に使える自分なりのスタイルを身につけていきたい。金属製のクッカーは非常に硬く…

山での食事と調理の道具山での食事は栄養補給としてだけでなく、登山の一つでもある。お弁当も手軽でいいが、他の人が調理をして温かいものを食べていると、それはとても羨まし区見えるであろう。また、疲れ知らずで山を歩くにはしっかりとした食事…

プレヒートってなに?プレヒート(予熱)は液体燃料を気化させる為の準備のことを言う。液体燃料式シングルバーナーでは、液体燃料はボトルからバーナーに送り出される途中、ジェネレーターという金属チューブ内で加熱されることで気化する。このジ…

ノズルの詰まりを解消する!バーナーの不調の多くは、燃料が噴射されるノズル(正式名称はジェット)の詰まりだ。その原因は不完全燃焼によるススの発生や、調理中の噴きこぼしなどによる。ノズルの中央に極細の穴があり、ここから燃料が出るのだが…

バーナーの熱を「チャージャー(インクリーザー)」で循環するガスカートリッジの冷却問題については、記事「シングルバーナーの機能」でも触れた通りだが、ガスカートリッジは冷えやすく、かつ冷えると火力が高まらないという欠点がある。ガスカー…

ヒートリフレクターは反射で熱効率を高める一般的には、「ヒートリフレクター」と「ヒートエクスチェンジャー」は同じモノを指して呼ばれることも多い。商品名では、「ヒートエクスチェンジャー」という名称の方がポピュラーなのかもしれない。正確…

バーナーを安全に使うには?シングルバーナー は使い方を誤ると、事故につながりかねない。油断せず、常に注意力を働かせておきたい。まず、平らで安定したところに置くことが第一歩だ。ヘッドを接続する時には、ガスカートリッジを上向きにするこ…

風防を用意するシングルバーナーの弱点は風や寒さである。各メーカーでは風防のデザインやヘッドの工夫で風に強いモノを開発しているが、バーナーヘッドの風防に加え、別途スクリーンタイプの風防を使うと、バーナーの熱効率は大きく高まる。熱がこ…

嵩ばらせないパッキング丸くて硬いガスカートリッジは、バックパックの中でパッキングしにくい山道具の一つだ。同時にクッカは内部にデッドスペースがあり、この空間が収納に使える。そこで最近のクッカーはガスカートリッジの大きさに合わせたサイ…

効率を考えてどう使うべきか?バーナーは、アウトドアギアの中でも最も危険性が高い山道具だ。炎という危険な存在を扱う為、使用には細心の注意が必要である。まずは説明書を熟読して適切な使用方法をマスターしよう。自己流の使い方は燃料を爆発さ…

携帯したいリペアキット構造上、パンク知らずのクローズド・セル式のマットなら話は別だが、エア注入式マットや自動膨張式マットは、必ずリペア用のキットを持ち歩こう。エア注入式の最大の敵はパンクであり、空気が抜けると単なるシートでしかなく…

バックパックで長さを補完するスリーピングマットのサイズは180cmほどの全身用から90cmほどの半身用まで様々だ。寝心地が良いのは全身用だが、快適さを感じる背中のみをカバーする半身用の軽さやコンパクトさも捨て難い。マットは全身サイ…

効率的な空気注入一日歩いた後に、厚いマットに子機を注入するのは疲れる…。分厚いマットほど、空気の注入は体力を消耗する。体力自慢の男性ならまだしも、女性にとっては、快適さと引き換えに、これが一苦労になる。この手間や負担を省いてくれる…

使い勝手を左右する+α手持ちのマットを最大限に利用するためには、他のグッズを含めたシステム化が一つの手だ。クッション性と保温性を兼ねた方法を自分なりに考案しても面白い。身長分の長さのあるマットは、やはり寝心地が良い。一方で長さを求…

リペアの方法中綿がダウンのスリーピングバッグの場合、寝袋に穴が開くと羽毛がどんどんと外部に吹き出してしまい、取り返しがつかないことになる。素早い応急処置が必要だ。まず応急処置としては、様々なギアでの応急処置にも使える布製ガムテープ…

収納時のコンプレッションダウンの寝袋は、スタッフバッグに押し込んで圧縮するとかなり小さくなる。特にコンプレッション機能を持つスタッフバッグならば、驚くべきコンパクトさになる。寝袋付属のスタッフバッグは大きめのモノが多く、より小さく…

枕との相性着て寝ないウェアまとめて枕代わりにする方法が一般的だが、専用の枕があると安眠しやすい。しかしフード内にある頭は枕からズレやすいのが、難点である。枕は大きめを選ぶか、小型のものはフード内へ入れるといい。大きめの枕であれば、…

最高の防水手段はシュラフカバー寝袋の濡れを解決する最大の方法は、専用のカバーを使うこと。透湿防水性が高いモノを選ぶことが大切だ。防水性とともに透湿性もある素材を使ったカバーは、内部の湿気は外部に放出されるが、暖気は逃さず、暖かさを…

結露対策の工夫テント内は湿気が多くて結露しやすい環境にあり、外部が冷える夜は内側の壁面がどうしても濡れてくる。この結露した水が寝袋を濡らし、保温性を落としていく。特に濡れやすいのは、寝返りを打っているうちに、テントに接することが多…

さらに記事を表示する
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る